<< やましたの布きれ展・『とおまわ... 新しいparade、織っています。 >>
半巾帯も続々と、ゾクゾクと。
f0177373_18224789.jpg

クニヒサ、半巾帯もイロイロ・・・しつこく(!?)取り掛かっております。
八寸のときの、アフリカっぽい『メンデ』のシリーズやら・・・
明るめの春っぽい、タテ糸がツートンの『車道と歩道』のシリーズとか・・・。
今回はタテ糸がカラフル、赤に紫に黄色にグリーン・・・タテ糸を二人で機にかけながら
「まるでラジオコードのようだわね~」なんて思ったものの。
ヨコ糸が入ると、また印象が変わります。
iwasakiはいつでもそうなのですが。
織りながら、作りながらでないと、次が生まれません。
織物が深いなぁ・・・。とつくづく思うのは、アタマの中でデザインが的確に描けないところだったりします。
アナログで色鉛筆を使っても、(私は使えないけど・笑)パソコンを使ったって・・・ここまで
最初に手触りまでもイメージに近づけるコトなんて、ゼッタイ出来ないって思うし、
出来たところで、きっと私たちなら・・・つまんなーいって思ってしまうんじゃないかと(笑)。

昭和40年代から50年代にかけての、全盛期時代の郡上紬がまさに『走り続けている』といった、
イイ感じの色糸使いをしていまして。iwasaki、大好きなのです。
ずっとあんな感じの、『作っていないと生まれない』ゾクゾクする色糸使いをしたかったのです。
織物は、机上で生まれるデザインだけがゼッタイではなく、機上でこそ生まれる、と思うのです。

ただこれは、高価な絹糸をばんばん使って、ばんばん作らないと出来ないワザでして(笑)
作ったものの求められない・・・となると、とたんに出来なくなるワザでもありますが・・・(涙)。

ランナーズハイなiwasaki織物を目指して・・・今日も二人で次のタテ糸巻きを進行中。
by senshoku-iwasaki | 2013-11-25 19:24 | 着尺・帯
<< やましたの布きれ展・『とおまわ... 新しいparade、織っています。 >>