<< 昭和のノベルティグッズ。 フクロツチガキ >>
静岡カントリー浜岡コース&ホテル・カルチャーフロアでの展覧会終了いたしました。
f0177373_1920040.jpg

お蔭様で、約1ヶ月間・・・という長い展覧会でしたが、無事終了いたしましてホッとしております。
おいでくださいましたお客様、関係者の皆々様・・・に大変感謝しております。
ありがとうございました。

こちらのギャラリーの企画・運営をされている、小林さんと今回もイロイロお話をしまして。
なんと!iwasaki展、来年で10年目だそうで。

「10年連続は、もしかしたら初めてかもしれない・・・。
うん、ココの場所は都心のギャラリーのようにアクセスのいい場所では無いからね、お客様には
ゆっくり来てもらえるときに来て頂く場所だから、1ヶ月ぐらい開催していないと・・・なんだけど。
私はその間毎日、その作家さんのモノと対峙するコトになるのね。
クニさんとえっちゃんの織物も、延べにすると、一年間くらい見てるコトになるんだわ。」・・ドキっ!(汗)。
「こんだけ見てるとね、お二人が何を大切に作ってるかっていうのが伝わってくるんだよね。」再び汗。

iwasaki展を、させていただくキッカケとなった・・織物作家のグループ展で初めてお目にかかったときは
今、小5の息子が生まれてスグの頃だったからなぁ。
作らないと、また、売れないと生きていくコトが出来ない・・・私(エツコ)の、公私共々テンテコマイで
精一杯でトホホな日々・・・の現在進行形の約10年が小林さんには丸見えです(笑)。

歴代のiwasaki織物を、イロイロ使って下さっている小林さん。
もちろん、iwasaki以外の織物だっていっぱいお持ちだと思うのだけど。
いつだって、『こーゆーの作ったら?』みたいなコトはゼッタイおっしゃらない、どんなときにも
『ご自分たちの好きなように、好きだと思うコトを、生きる『商品』として作ってください』と言われている
ような気がします。

手織物はどうしても、多くの方に受け入れられる、普遍的なモノではないのだけれど。
「これは使ってみたいかも!?」なーんて、思ってもらえるような織物を・・・どうにか・・・
紡ぎだして・・・来年の10年目にしたいなぁ・・・と思っております!!
by senshoku-iwasaki | 2013-12-16 21:02 | 展示会・お知らせ
<< 昭和のノベルティグッズ。 フクロツチガキ >>