<< 浜松のSさまの杉綾の紬。 宝物といえば・・・の供米袋。 >>
iwasakiの『身を包む織物』展・・・
f0177373_19581060.jpg

富士宮市の芸術空間・あおきさんで、23日まで開催しております。
色のいっぱいあるもの、色のほとんどないもの。
平織りのもの、平織りじゃない組成のもの。
ふわっとしたもの、さらっとしたもの。
どれもiwasaki夫婦の4本の腕と、10本の指と、
二つの小さな(笑)脳みそから生まれたものです。
f0177373_19583786.jpg

我が家の、小5の息子の憧れの
富士市のイタリアンレストラン、『マーノ・エ・マーノ』さんから。
あおきさんでiwasakiの模紗織りのマフラーをお求めくださって纏われて
ご来店の客様が・・・と嬉しいお写真が。
南部町の工房から、こうしてタンポポの綿毛のように・・・ふわりと飛び立って
どなたかの身体をふんわり包む・・・なんて嬉しいことでしょうか!!
f0177373_19592423.jpg

芸術空間・あおきさんのスグ近くにある・・・青木平の貯水池から見える富士山。
元旦の日の富士山。ぼんやりとした、鏡のような水面の富士山がにっこり笑って
見えた気がしたのは・・・今年も脳天気な私(エツコ)だけ!?(笑)
by senshoku-iwasaki | 2014-01-11 21:04 | 展示会・お知らせ
<< 浜松のSさまの杉綾の紬。 宝物といえば・・・の供米袋。 >>