<< 次にかかる、八寸帯の糸染め。 浜松のSさまの杉綾の紬。 >>
御神楽舞の小正月。
f0177373_1938463.jpg

iwasakiの工房のある集落には、御神楽がありまして。
南部町内でも、御神楽が残っているエリアは少ないらしく・・・。
住まいを工房に移した、3年前。何やら早朝から外がザワザワ・・・と。
普段はシカやらサルしか出ないけど(笑)、首から見るからに本格的なカメラを下げた
シルバー世代を中心としたカメラマンがズラリといて・・・ビックリしたコトが。
今年はなんと!クニヒサも御神楽に誘われまして(笑)、篠笛でデビューです。

何で?でしょうか・・・。郡上踊りのときにもそう思ったのですけれど。
囃し方、舞い方、歌・・・それぞれ上手な方がおりまして、この日ばかりは惚れ惚れとするカッコよさ。
笛吹いてなきゃ、太鼓叩いてなきゃ、舞ってなきゃ、歌ってなかったら、
間違いなく・・・タダの酔っ払いのオッサンなのだけど(笑)。
全く呑めない、篠笛なんてほとんど吹けない・・・およそ祭りに見せ場の無いクニヒサですが
いやいや何年かしたら、この地区に今も語られる・・・『伝説』のひとりにならないとも限らない・・(笑)。
・・・それは無いかぁ・・・。

60軒ほどあるここの集落、道祖神が4箇所ありまして。
iwasaki工房の上には、市小路道祖神があります。
私(エツコ)は、なんといっても一番シンプルな丸い石のタイプが好きでして、市小路道祖神はこのタイプ。
なんてことない、丸い石に神様を感じた先人の、謙虚な心のカタチそのものようで・・・。
悪霊が入ってきませんように、疫病が入ってきませんように、この土地が生き続けますように・・・。
御神楽はその、道祖神を中心に・・・多いときで50軒は回るのだそうだけど。
高齢化も進んで・・喪中のお宅も多いので、今年は20軒くらいだったのだそうで。
大抵は、縁側から入って居間で御神楽を舞うそうなのだけど・・・。
我が家は一番広いところが機場なので(笑)、
「玄関の土間でやったのは、ウチだけでした」クニヒサ。
・・・知らなかったなぁ。そうだったのか。でも、来年も玄関で悪霊退散を、ヨロシクお願いいたします。
アルコール除菌かもしれませんが・・・(笑)。
f0177373_19295155.jpg

by senshoku-iwasaki | 2014-01-20 21:11 | 岩崎のある日
<< 次にかかる、八寸帯の糸染め。 浜松のSさまの杉綾の紬。 >>