<< 糊付けする前の、まわたつむぎ糸。 次にかかる、八寸帯の糸染め。 >>
富士宮・『芸術空間あおき』さんでの・・・
f0177373_21243664.jpg

『身を包む織物』展、無事終了いたしました。
おいでくださった皆さま、ありがとうございました。

新作の模紗織りのマフラーを気に入ってくださって・・・二つもお選びくださった方とか。
ご主人とお二人でそれぞれにマフラーをお選びになられて、さっそくお使いになって
またいらしてくださったご夫婦のお話とか。
有り難いことで、感謝のキモチでいっぱいです(涙)。

今日搬出をさせていただいた後・・・あおきさんご夫妻から会期中のお話や、
私にとって・・とっても興味深い、あおきさんの子育てのお話も聞きだして(!?)・・・
しまいました(笑)。
なんせ、あおきさんは4人の息子さんたちを、それぞれの進む道を見出させて
厳しくも温かく・・・それぞれの道に送り出し、見守ってらっしゃるお二人。
『芸術空間・あおき』さんは、敷地の真ん中に大きなクヌギの木々があって・・・
20年ほど前に、今のウチの子供たちくらいの小学生だったお子さんたちとともに
現在の土地でギャラリーを始められたそうで。
「何度もね、あの木にシジュウカラが巣を作ってね・・・子育てをするんですよ。
見てるとね・・・泣けてくるんだよね~。巣から飛び立たせるときはエサを巣まで運ばない
んですよ、チョット遠くでエサをくわえたまま見てるの。出て来い!飛べって感じでね。」

今日は、昼間はまるで春のような暖かさ。
力強く咲き出した、この蕗のようにiwasakiも進むべき道を、しっかりと歩きたいと改めて思いました。
せめて・・・我が家の子供達が自分で自分の道を見つけ出すまでは!
あおきさんをお手本に。
by senshoku-iwasaki | 2014-01-24 22:36 | 展示会・お知らせ
<< 糊付けする前の、まわたつむぎ糸。 次にかかる、八寸帯の糸染め。 >>