<< Aさまの格子着尺。 次にかかる生紬『スターフルーツ... >>
どっさりと、来冬の薪に・・・。
f0177373_19301473.jpg

大雪の日に次々・・と落っこちてきた、裏山の樫の木の枝。
実はまだ・・・屋根の上にぶらさがってる大きな枝がこの倍くらいありまして。
この樫の、土地の所有者の方も伐採業者さんに・・・お願い中ではあるのだけれど。
こんなふうに・・・思いもかけない大雪は、山や里の木々を折ったり倒したり・・・。
業者さんは大忙しで、3月下旬までメドが立たないらしいのだけれど。

でもまぁ、よくぞこんなに落っこちてきたのにもかかわらず、雨どい壊したくらいで
済んだものだわ・・・と。あらためて、ツイてる男(!?)クニヒサの強運なのか
最強のくじ運の無さもコレなのか・・・と。とりあえずホッとしてみたり(笑)。

この家を買うコトになったときに、裏山の大きな樫が気にはなったのだけれど。
いかにもトトロが住んでいる木みたいで・・・切ってしまえばイイのに!とはあんまり
思えなかった自分がいたのも事実だったりして。
山に暮らしていたら、この堅い木はきっと恵みの木。
ほんの4、50年前までこれで炭を作って、こたつや囲炉裏でその威力を発揮していたろうし。
暮らし方が変わって、樫の木も伸び放題になっちゃったんだろうなぁ・・・とか。
お金があったら、裏山のこの土地も買って・・・
山のプロに、イイように手を入れてもらいたいなぁ・・・とかマジメに思ってたりするのだけど。
仕事は一生懸命してるけど、あんまりお金は稼げないからナカナカ夢叶わず(笑)。
こうなったら宝くじだ!ってたまにトライするものの、当たらない男の強い力が・・・(笑)。
お陰で助かりましたんで、この樫もぶらさがった樫も。
有り難くイワサキ家の、来冬用の上等な薪として・・・葉っぱ意外ぜーんぶ!!
暖をとらしていただきますっ!
by senshoku-iwasaki | 2014-02-24 20:42 | 岩崎のある日
<< Aさまの格子着尺。 次にかかる生紬『スターフルーツ... >>