<< 増孝商店に並びます。半巾帯の巻。 早川倫永さんの初写真展、『NU... >>
新作の生紬、『スターフルーツシャワー』
f0177373_20135824.jpg

だいぶ・・・織り進みました。
生紬とは、精練していない(といっても、iwasakiでは若干練っておりますが。)セリシンという
絹のたんぱく質を残した、生の絹糸で織った紬のことでして。
今回はタテヨコともに・・・宮坂製糸所で作られた、上州式の座繰り玉糸です。
玉糸とは、一つの繭に2匹の蚕が入った双子の繭で糸をとると、糸口が二つなので節が出来る
のですが、その節のある糸のことをいいます。
節がイイ味を出すのですが、節が大変織りにくく・・・隣り合う糸を絡ませあったりします。
生紬。
何が魅力って、長い期間着られるところでしょうか。
私(エツコ)は、規格を変えた単衣の紬を年中着ています。
iwasakiの紬は洗えるキモノとして銘を打っているわけではありませんが、糸の段階で何度も
水を潜っている自分の織物なので。浴衣のように・・・自分で水洗いしています。
冬場ならタテ密度が高くて、ヨコ糸も入る・・・杉綾の紬を。
花粉症に悩む今頃なら寸間55羽に、ヨコにも玉糸くらいのシャッキリツルツルの太織りがオススメ。
桜が咲く頃は、寸間50羽くらいのさっくりとした紬もイイし。
ゴールデンウィーク頃から急に暑くなったら、登場なのがこの生紬。
つまり初夏から初秋まで。5月~9月末くらいまで色味を変えて楽しめます。
秋なら寸間55羽から60羽くらいのチョット密度を経てた・・・ほっこりな紬と・・・。

生紬は、今までにシックなシリーズや、盛夏向けにナチュラルなシリーズ・・・
一昨年は、サヤサヤルルル・・・とランダムな縞格子で水の流れのようなシリーズを作ってきましたが。
今回はギンガムチェックを取り込んだ、明るい色目で。
スターフルーツの次には、スウィートなライチがスタンバっております(笑)。
増孝商店オープンまでに2反はムリかもしれませんが・・・。
ポップなカラーで、織ってる私が一番キモチが揚がりまして。
またまた・・・妄想の南国の旅に出かけている気分です(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-07 21:32 | 着尺・帯
<< 増孝商店に並びます。半巾帯の巻。 早川倫永さんの初写真展、『NU... >>