<< この道の もうすぐ布きれ・やましたさんの... >>
今回の『増孝商店』は、帯・着尺などが中心ですが。
f0177373_19333643.jpg

ショールも並びます。これは一昨年から作っているシルーズの『parade』。
コットンとシルクで、控えめに(!?)待ち焦がれていた春がテーマ。
どこかの国の、どこかの街外れの、小さなな村の、小さなお祭り。
三角の、色とりどりの旗が青空にパタパタパタ~って、ひらめいて。
向こうの屋台からスパイシーな香りと、聞いたコトの無い言葉が飛び交う感じです(笑)。
なんか遠くから音楽も聴こえてきました・・・。うーん、ココはどこだろう?
何回もいろんな色のペンキを塗っては剥げた、ボロい木の丸椅子に座った白髭の老人が
かわいい絵付けのティーポット&カップとかと一緒に、こーんなショールを売っていた・・・。
「長い冬の仕事だよ。こっちは婆さんの仕事さ、イケてるだろ?」な~んて。
なんで私、聞いたコトも無い言葉がわかるんでしょう?妄想はラクですね~(笑)。

『parade』、今回はこのブルーバージョンのほかにレッドバージョンを出品します。
iwasakiにとって、織物は世界共通でして。
着尺や帯といったら、ニッポンなのでしょうが。絹も木綿も、大陸から渡ってきたもの
ですから。どこまでもジャンクに、iwasakiアンテナにひっかっかった面白いモノや人を
リスペクトして織物にしたいと思っております。
あわわ・・・。今日は増孝商店のショップ店員でした(笑)。
増孝商店で、そんなiwasakiワールドが・・・チョットでもお伝えできたらウレシイです。

写真のparade・・・¥23,000(+税)です。
by senshoku-iwasaki | 2014-03-19 20:44 | 増孝商店 KM
<< この道の もうすぐ布きれ・やましたさんの... >>