<< メンデな半巾。 今年のiwasakiの『日本の... >>
悪足掻き真っ最中・浜松『巌邑堂』の最中。小倉あん・挽茶あん。
f0177373_21212866.jpg

先日、お世話になっている『染織こうげい』さんの浜松店で頂いてしまいましたっ!!
巌邑堂・がんゆうどう』さんという、いかにも名前からして・・・老舗オーラが漂い・・・。
包装紙と紙箱のカラーが、
これまた何とも私(エツコ)のツボといいますか、何ともいえない藤鼠色でして。
こーゆーワクワク期待感は、まず裏切らないものでして。
皮の香り、あんこの凝縮感・・・こちらのお店の、丁寧な仕事のストライクゾーンを
しっかり感じ取るコトができました!
「何で最中が好きなんですか?」って聞かれちゃうと、何でだろう?って自分でも思う
のだけど(笑)。たぶん、きっと・・・。
あっち側でもこっち側でも無い、ど真ん中が好きなんですね私は。
最中をいただくと、そのお店の主軸である餡がわかりまして。
その餡を包む、皮でまた・・・そのお店の最中の基準が伝わってくるのですが。
それはなんとなく・・・人に例えると、その人の人生観みたいなものみたいな・・・。
だからキホン、何でもアリなのです。だけど、たまに自分もそう!そうなのっ!!
みたいな共感が自分の中で湧くコトがありまして(対最中の話ですが・笑)。
そういう時には・・・
全く不思議な『幸福感』という皮に、自分自身が餡になって包まれた気分なのです(笑)。
あぁ・・・もしかしたら、最中は私自身なのかもしれません。
iwasaki、いつでもドッタッバッタと悪足掻き(笑)。
今は、23日からの三渓園での『日本の夏じたく』に向け・・・
新作半巾帯に、新作ストール、Mさまの繋ぎ糸だらけの着尺の準備・・・と。
目まぐるしく足掻いております。お蔭様でエネルギーチャージは、絶品最中です。
by senshoku-iwasaki | 2014-05-10 22:35 | 最中
<< メンデな半巾。 今年のiwasakiの『日本の... >>