<< いよいよ・・・三渓園での『日本... 繋ぎ糸だらけのMさまの着尺の準備。 >>
2014summer sunrise。
f0177373_19582293.jpg

一昨日やっと織り上げて、昨日は房をヨリヨリと。そして湯通し・・・。
今回のショール『sunrise』、真夏でもベタッとしないように・・・
生紬で使った、セリシンを残した細い生糸と、練った生糸、
そしてまわたのつむぎ糸・・・と、絹糸なんだけど風合いの違う絹を
タテ糸にも、ヨコ糸はほぼ一越ずつでグラデーションをつくっているものです。
ふわっと、さらっと、ちょっとシャリっとひんやり・・・。艶やかだったり、艶消ししたり。
絹って、いろんな顔があります。
もちろん、iwasakiの織物も。同じようでもみんな違います。
それは今日という、はじまりの朝のように。
昨日の続きのようであり、続きじゃない、曇ったり、ときには土砂降りのキモチだって
あるけれど・・・。必ず明るい朝日が昇ってくるように。
おととしから、もう30枚は織ってるけれど。その都度糸も、色も、風合いも。
1枚だって同じものはありません。
今回は3枚のsunrise。どんな朝日に見えるかは、見る人のキモチで違うかも。
今週末(になってしまった!・汗)の三渓園での『日本の夏じたく』で。
最新のiwasakiのsunrise、ぜひ纏ってご覧になってくださーい!!
by senshoku-iwasaki | 2014-05-19 20:48 | 纏う布・暮らしの布
<< いよいよ・・・三渓園での『日本... 繋ぎ糸だらけのMさまの着尺の準備。 >>