<< Tさまにお送りした、銀河シルク... つながりのつながり。 >>
日本刺繍の飯島桃子さんとのコラボ、密かに(!?)増殖中。
f0177373_21455850.jpg

『日本の夏じたく』のときに、先日の生紬と一緒にお直しにお持ちくださったKさま。
これも以前・・・iwasakiで織らせていただいた『貝殻色の紬』。
乳灰色のタテ糸の密度をあげて、ヨコのつむぎ糸は濃い目の紫茶。
タテとヨコのコントラストが強いので、玉虫のように見える無地を作りたかったのです。
あれはたしか・・・息子が7歳、娘が5歳くらいの夏だったような・・・。
海で彼らが見つけた、小さなタカラガイがモチーフでした。
Kさま、こちらもご愛用くださって、古藤さんに一緒にお直しの予定だったのですが。
飯島さんがそのときに着ていたお着物の、花紋に「ステキ~!」
Kさま、iwasakiにオーダーくださるときもそうなのですが、ほとんどお任せなのです。
今回の刺繍も、飯島さんに「合うように、良いようにしてください」とお願いされただけで。
飯島さん、ちゃーんと控えめなKさまにピッタリな花紋を刺してくださいまして。
昨日荷造りをして発送させていただいたところ・・・
「今届きました~!!とっても嬉しいです!さりげなくてとっても気に入りました!!
飯島さんにくれぐれもよろしくお伝え下さいね。次回のコラボもまたまた楽しみになりました。」と。

次回のコラボ・・・。
Kさまからのリクエストは、地紋のあるiwasakiの紬に飯島さんの雪花が舞う・・・予定。
こちらのイメージはもう、アタマに浮かんでおります。
ですが、飯島さんのお仕事はいつも!イイ意味でこちらの想像を裏切ってくれます。
「思いもかけない!!」が大好きなiwasaki。
ekkaもそうなのですが、コラボの一番の醍醐味がこういうところなのだと思っております。
by senshoku-iwasaki | 2014-06-20 22:50 | 着尺・帯
<< Tさまにお送りした、銀河シルク... つながりのつながり。 >>