<< 湯のしがあがった、Mさまの『結... 日本刺繍の飯島桃子さんとのコラ... >>
Tさまにお送りした、銀河シルクの山形斜文八寸帯・『ルビー』
f0177373_19332013.jpg

昨晩Tさまより嬉しいメールをいただきまして。


>帯地のままの時、生成り色の縦糸は見えていましたが、
>今日切れ端の横糸がツツツーと少しほどけまして、
>初めてルビー色の糸そのものを見ました。

>単独だと、それぞれ味わいはありながらもシンプルだった糸が、
>縦糸と横糸になって織られることによって、こんなにも複雑な美しさの布に生まれ変わる。
>織物って素晴らしい!
>一本の糸から広くて深い布という宇宙を作りだす、織り手さんてすごい!と思いました。


いやぁ・・・。制作者といたしましては、恐悦至極でゴザイマス・・・(汗・汗・汗・・・)なのですが。
iwasakiの織物、iwasakiの脳ミソと同じで(笑)・・・シンプルであります。実に。
山形斜文のような綾織りは、組成としてもシンプル。
そもそもこのシリーズ、まだ試験段階のころに見せていただいた・・・宮坂製糸所で手作りされている
『銀河シルク』という糸が、あまりにもキレイだったので。宮坂さんで生産されるようになってから、
ダイレクトにこの『キレイさ』を表現できる帯にしよう!と作り始めたものです。
なのでタテ糸に『銀河シルク』、ヨコにはさまざまな種類の糸を使ってきました。
タッサーナーシやのような、野趣あふれるタイプだったり。
この『ルビー』には、柞蚕(さくさん)種という野蚕系の生糸です。家蚕より、ギラッとした光沢の絹糸です。
時間帯や角度、照明の具合によっても光り方や見え方が変わる・・・そんな織物にしたかったのです。
iwasakiの織物は、絵のように表現するコトはありませんで。
一見何てコトないものばかり・・・。ですが、Tさまのようにココに宇宙を感じていただけたとなりますと・・・
iwasaki、何よりの喜びですっ!!
織物を表現する言葉って・・・昔の文献でも、研究者だったり文学者だったりするせいか・・・
やたら小難しい言葉の羅列だったり、思わせぶりだったりするコトが多いと私たちは感じておりまして。
iwasakiの場合は、小学生の目線で(!?)五感で感じる織物を作りたいと思っております!

これから・・・。
この『ルビー』は帯として・・・Tさまに末永くお使い頂いて、Tさまの一部になってゆきますことを
願っております。Tさま、ありがとうございました!!
by senshoku-iwasaki | 2014-06-23 20:47 | 着尺・帯
<< 湯のしがあがった、Mさまの『結... 日本刺繍の飯島桃子さんとのコラ... >>