<< 鳥取民藝家具のお盆。 長座体前屈の神。 >>
年に数回の増孝商店、夏場所もうすぐです。
f0177373_1943669.jpg

今年春から始めるコトとなりました、東京・蔵前でのiwasakiのシーズンショップ『増孝商店』
夏場所は、7月23日(水)~7月29日(火)です。
open11時~19時 ※26日(土)は15時まで。
予定をたてたときに気づかなかったのですが、26日(土)は隅田川花火大会でして。
『増孝商店』の前の通りもかなり混雑してしまいますので、落ち着いてゆっくりご覧いただけないので・・・。
早仕舞いさせていただきます。スミマセン。


昭和44年生まれのiwasaki夫婦。
『増孝商店』はクニヒサの実家ですが、千葉生まれの私(エツコ)にとって蔵前=国技館なのです。
なのでつい、春場所・夏場所・・・なんて、どすこいな呼び方をしてしまうのですけれど。

「エツコさーん、若い人は蔵前に国技館があったコト、知らないんじゃないかなぁ?」クニヒサ。
「・・・ん!?え~っ!!数々のプロレスの伝説が生まれた、蔵前国技館を知らないと?」私。
「私は小中と・・・。ご近所でしたし、世代でしたから(笑)。随分とその伝説は生で観ましたけどね。」クニヒサ。
「そっかぁ~!それでかぁ・・・。
最近30歳くらいの若い人と話をしてね。その人の言ってる、『昭和』のイメージがアタシとかなり違うのよ~。
聖子チャンとかね・・・それって、昭和というより、1980年代じゃーんっ!って(笑)」私。
「かぁちゃん、オレはなんとなくワカルな。ウルトラマンも80(エイティ)から劇的に変わってたんだよね・・・
とぅちゃん世代の、反射板の付いた塩っぽいバルタン星人もオレは好きだったけどね(笑)。」小6息子。
ムムム・・・。チビッコの頃よりYouTube世代の現代っ子、親たちの遠い記憶よりまだ色鮮やかのようで。

iwasaki夫婦と同じ歳の、増孝ビル。
1960年代の『昭和』がたっぷり詰まったそのビル1階、『増孝商店』真夏の7days。
よろしければぜひぜひ・・・汗を拭き拭き(笑)お出かけくださいませ!!
by senshoku-iwasaki | 2014-07-03 20:41 | 増孝商店 KM
<< 鳥取民藝家具のお盆。 長座体前屈の神。 >>