<< 今日のこの日。 鳥取民藝家具のお盆。 >>
いつの間にやら・・・増えた杼(シャトル)。
f0177373_20412099.jpg

23年前に4丁ずつ、二人で8丁の杼から始まったiwasakiの杼。
ウール用の大きな投げ杼や、板杼。絹用も紬に向く杼、薄物向きの杼・・・
後から買い求めたもの、織物を辞めた方から戴いたもの・・・
いつの間にかイロイロ増えておりました。
もともと私たち、『コレを織るためにはコレっ!』みたいな融通の利かないタイプ(・・・じゃなかった・笑
マジメなタイプではないので・・・)なるべく互換性のあって、使いやすいが一番!な、人たちのですが。
それでも織るものによって、気分によっても!?(笑)京都や、北欧の職人さんが作った手作りの
これらの杼に、たくさんパワーをいただいております。

投げ杼は特に。
左手から右手に、右手から左手に。その重さや、手触りを感じながら一日中繰り返すもの。
sunriseショールのように、たくさんの色糸を一越ずついれていくようなときには・・・10丁以上の杼を
使ったりします。そんなときにも糸の色を見る前に、手にした杼の重さでどの糸かだいたいわかります。
iwasaki、織り手は二人しかいないのに(笑)機は4台使い分けていたりするので・・。
これだけあっても足りないときもあったりします。

この3日ほど・・・。
次にかかるタテ糸の準備やら、機にセッティングやら、お天気の晴れ間に糸の染色やら糊付けやら・・・と。
ぽっかりと3台の機が空いた状態でして。久しぶりに大掛かりに(!?)工房のお掃除が出来ました。
キモチよくなったところで・・・私(エツコ)は、今日からご注文の綾織りの紬を織り始めました。
今回は赤い樫と、白い樫の杼で。紅白で縁起がよいかも!?と。
何度となく織った組成のものでも、織物はいつだって自分を、思い上がらせてはくれないので(涙)。
1,470本のタテ糸の、一本一本の声を聞きながら・・・見覚えはあるけど、初めての旅に出るキモチ
でガンバリマス!
by senshoku-iwasaki | 2014-07-09 22:00 | 道具
<< 今日のこの日。 鳥取民藝家具のお盆。 >>