<< 新作八寸は、異国チックな山形斜... iwasaki夏の修学旅行・岡... >>
お盆は仕事をしております。
f0177373_1944510.jpg

iwasakiにとっての夏休みは終わって・・・。仕事を始めて一週間。
今年のiwasaki秋冬は、杉綾織りのシリーズを中心に・・・進行中でして。
クニヒサが次に掛かる八寸帯地は、初めてのタイプ。
縦縞の杉綾になる予定です。
クニヒサ、昨日整経したタテ糸を・・・本日二人でチキリに巻いて、機にセット。

着尺に、九寸帯地に、八寸帯地、ショールに、マフラー、ブランケット。
何でも織るiwasakiですが、作るモノによって重心(!?)が違うというコトに
最近になって気づきました。
八寸で重きを置くトコロと、九寸の見せ所は、同じ帯でも違うのです。
九寸のように仕立てて・・芯を入れたりしない、織りっぱなしの八寸は、
糸も太く組成も変わってきます。「こんな感じでこんなテクスチャー」の
イメージも、二人で制作会議(といえば聞こえは良いですが、大抵は織りながら・・
あれやこれや考えながら・・・の・笑)をしても、ざっくりの全体像でしか話せませんで。

木を見たり、森を見たり、林を想像してみたり。
織物づくりを何年もしていても。未だにわからなかったり、新しい発見があったり。

昨日まで、クニヒサが織っていた・・・新作の杉綾織りの間道の九寸は、会議中
のときからかなり細かいディティールまで話し合って、実際そんな感じになったと
思うのだけど・・・。
今私が織っている、銀河シルクの八寸も新色。
またまた・・・空想の旅に出かけています。
瀬戸内の海からエーゲ海へ・・・?

お盆が明けると、新学期が一気に近づく子供達・・・。
今年は「一切、手を貸さない宣言」をしているので(笑)。
わが子たちの自主性と、生きる力を信じて・・・親は自分の仕事に専念しようと
思っております!!
by senshoku-iwasaki | 2014-08-15 22:08 | 着尺・帯
<< 新作八寸は、異国チックな山形斜... iwasaki夏の修学旅行・岡... >>