<< 仕上がった、新作のショールブラ... 布きれ・やました 山下枝梨子さ... >>
久々に・・・ブランケット織っています。
f0177373_1991028.jpg

iwasakiの冬の定番ブランケットなのですが。
織り巾が90cmと巾があり、ジャコブウールのナチュラルカラーであるチャコールグレーと
染色してある黒との糸の伸び率が違うので・・・。
機にタテ糸をセットするのが、二人がかりでもかなり大変でして(涙)。
そうはいっても、毎年5枚制作するのが精一杯だったりします。
でも有難いコトに、『今年もブランケット作りますか?』とか
『今年は欲しいので、ぜひ作ってください』とか、たまーにお声をかけてくださる方々がありまして。
そんなコト言われると、すぐ嬉しくなっちゃう私たち(笑)。
今年はシックに、ジャコブ本来のナチュラルカラーを中心に織っております。
実は今年は。
ジャコブではない、ラドナー種の英国ウールを使って・・・カラフルなブランケットも!と思っております。
カラフルといえば。
iwasaki定番の、楊柳のストールもこの冬は、カラフルな細いウールで制作予定でして。
ポップな秋冬になる予定なのです。
工房は絹糸のほかに、ウールの糸がどっさり。そして機の周りにはウールのホコリが一日でふんわり。
ホコリの量ひとつとっても、いかに普段使っている絹が長繊維であるかがわかります。
ウールや、綿、麻は織るときの摩擦で落ちるホコリがどっさりですが。
絹はほとんど出ないので。
毎日両手いっぱい集まるジャコブのホコリを、なんでか毎日クニヒサの頭頂部に乗せたくなる・・・(笑)
私(エツコ)も人のコト言えなかった・・・脱毛の秋(涙)。
by senshoku-iwasaki | 2014-10-05 20:21 | 纏う布・暮らしの布
<< 仕上がった、新作のショールブラ... 布きれ・やました 山下枝梨子さ... >>