<< 裏庭の水路に『ヒッキー』。 仕上がった、新作のショールブラ... >>
ショールブランケット、メンズモデルバージョン。
f0177373_18514191.jpg

嵐の前に、来月の御前崎市での展覧会のご案内状用の写真の締め切りが。
布モノの写真って、質感を出すのが難しくて・・・。いつもクニヒサ、苦労しておりまして。
ショールなどはいつも私(エツコ)が纏ったりしているのですが、モデルが良くない・・・(涙)。
「う~ん、どなたか男性の方にも纏ってもらいたいですね・・・。」クニヒサ。
「スラ~っとして、カッコイイ・・・いた!お隣のお嬢さんのご主人っ!」私。
ちょうどお子さんを連れていらしていたKさんに、無理やり(!?)お願いをして・・・
何枚か撮らせていただきまして。いやぁ、お顔も載せたいくらいよくお似合いでした^^。
まったく他力本願のiwasakiです(笑)。

静岡カントリーゴルフ場のホテルでの、広ーい会場・・・そして約一ヶ月間の催事なので、
着尺や帯をメインに構成したり、ショールなどの纏う布をメインに構成したり。
♪~A面で恋をしてぇ~・・・~
iwasakiの織物に、A面もB面も無いのだけれど。
中学生まではしっかりと(!?)レコードで育った世代ですので(笑)、
Aサイド感Bサイド感あるモノが作りたいなぁ・・・とつくづく思っております。

昨年は着尺や帯など『和モノ』がメインだったので。
今回は、新シリーズのマフラーや、ショール、ブランケットなど、『纏う布』がメインなのです。
とにかく二人して毎日。織って織り上げて、房をヨリヨリして、湯通ししてアイロンかけて・・・。
写真には間に合わない新作がまだまだ・・・。
大雨を心配しながら、今晩もヨリヨリ。
by senshoku-iwasaki | 2014-10-13 19:54 | 纏う布・暮らしの布
<< 裏庭の水路に『ヒッキー』。 仕上がった、新作のショールブラ... >>