<< 『糸と糸の交差・色と色の交差 ... 浜松のFさまの杉綾織りの紬。 >>
Kさまの地紋のある紬のサンプル。
f0177373_18355887.jpg

この夏・・・Kさまにご注文いただいた、地紋のある紬。
日本刺繍の飯島桃子さんとのコラボになる予定なのですが。
Kさまに見て頂いた地紋のサンプルが、タテ糸が茶にベージュのヨコの組み合わせで。
その感じで・・・というコトになったものの。
クニヒサはどうしても・・・
タテ糸が紺のバージョンも、Kさまに見ていただいてから決めていただきたいと。
こういうタイプの無地は、
タテヨコ同系色だったり同濃度だったりすると、地紋は見えにくいのけれど。
でもそのかわり深みというか、奥行きのある無地になります。
逆に、タテヨコのコントラストが強い色味だったり、濃淡だったりすれば・・・地紋はよく
映えて、これまた光沢感のあるイイ感じの・・・無地じゃない無地になります。
どちらもアリ。どんなパターンもアリ。
20日から始まる、iwasakiのシーズンショップ『増孝商店』でKさまに見ていただきたく
クニヒサ、サンプル分を織りながら・・・糸染めの準備を。

「あれっ!?エツコさん、長靴なんか履いてシャベル持ってまた裏の土手ですか?」
「iwasaki土木部立ち上げたのよ~。入部したい?」私。
「部員って、誰か他にいるんですか?」クニヒサ。
「優秀な若手が!おサルのしょーこ(娘)!彼女、使えるのよ~。意外にも力持ちで
ネコ運ぶの上手いの!アニキのほうが身体デカイんだけど、逃げ足は速くて」私。
先週の日曜日、娘と二人でかなり進めた裏の土手。実は本来石だった上に、
長い年月の間落ち葉が積もって土になって崩れ始め・・・。
今はその土の部分を剥がしているのですが。
竹が、ものすごい勢いで進入し始めているので、その根っこと格闘中なのです。
山も。人間と一緒で、ひょっとしたら無関心が一番いけないのかもしれません・・・。
様子を伺いに来ただけのクニヒサだったのに・・・。
「今日だけお手伝いに来てくれた、シルバー人材のイワサキさんです!」私。
「えぇっ!!なんでぇ!?」クニヒサ。
巻き込まれたシルバーの(!?)イワサキさんだったけど、午後・・・娘が頼んでいた
『妖怪ウォッチ・真打』のゲームソフトが届くと途端にいなくなる部員!まったくもうっ!
これでまたしばらく・・・土木部も休部となりそう(笑)。

『増孝商店・師走場所(!?)』、暮れも押し迫った、12月20日(土)~26日(金)です。
最新のiwasakiと、来年のiwasakiもチョット見えるかもかも!?です。
by senshoku-iwasaki | 2014-12-13 22:11 | 着尺・帯
<< 『糸と糸の交差・色と色の交差 ... 浜松のFさまの杉綾織りの紬。 >>