<< 次なる『地紋のある・・・』は。 『甕垂』。 >>
きつつき工房さんの『綜絖通し』。
f0177373_19455952.jpg

先週のこと。
『甕垂』な八寸を、もうすぐ織り上げ・・・なクニヒサと、Kさまの地紋のある紬をもうすぐ織り上げ・・・
な私(エツコ)。お互い一越一越の、越し数を数えながらなので、いつもの機上会議も機を降りてから(笑)。
「次に掛かる準備なんですけど・・・。」クニヒサ。
「順番はわかってるんだけどね。」私。
「地紋のある・・・を、変化させたいんですよね?」クニヒサ。
「アタシじゃないのよ、ちっちゃい神様が言ってるんだわ。あーた聞こえない(笑)?」私
「私には聞こえませんけど・・・。じゃ、やりますか!」

・・・てな展開になりまして。
『甕垂』のあとに取り掛かる八寸は、銀河シルクの山形斜文の八寸になりまして。
それを進めながら、地紋のある紬の新バージョンに掛かろうというコトに。
新しい銀河シルクは、ツヤツヤ感を活かしたクリーム色で。

iwasakiでは糸の染色、糊付け、整経、綜絖(そうこう)通し、筬(おさ)通し・・・はクニヒサの担当に
なっておりまして。(あらあら、いつの間にか・・・ほとんどクニヒサの担当に!?・笑)
『綜絖通し』という、この小さな道具も、掛かる糸の太さに応じて4種類ほど使い分けています。
無撚りの銀河シルクには、きつつき工房さんのこの、綜絖通しでないと。
「先端の、引っ掛ける丸い部分が、糸を割らないんですよ。エツコさーん、聞いてます?」クニヒサ。
「なるほど、なるほど・・・聞いてる聞いてる!」
クニヒサが準備中の間、私は工房のウール糸を全て防虫剤を入れて衣装ケースに収納して・・・。
せっせと・・・屋根裏の糸保管場所に運び込み。
掃除機をかけて・・・今度は生紬の砧打ちを。やっぱり京都製の桜の布用砧は使いやすいなぁ・・・。
お道具のチカラも借りて、二人で手分けをしながら・・・少しずつ前進しております。
by senshoku-iwasaki | 2015-01-28 21:09 | 道具
<< 次なる『地紋のある・・・』は。 『甕垂』。 >>