<< 愛知・刈谷『雅趣 Kujira... きつつき工房さんの『綜絖通し』。 >>
次なる『地紋のある・・・』は。
f0177373_20203791.jpg

タテ糸が4色のグラデーション。
海のような。湖畔のような。新緑の頃の木漏れ日のような。いやいや、真夏の森で見つけた滝のような・・・。
私たちのイメージどおりになれば・・・地紋のマルは、ぼわーんと立体的になる予定なのだけど。
気がつけば。
20年以上織物にしがみついているにも関わらず・・・まぁ、思い通りになった試しが無いっ(涙)。
というのがiwasakiの常なので(トホホ)。思わぬアクシデントは、想定内で進めています。

1月は、私たちの近しい若いご夫婦で・・・偶然にも出産が重なりまして。
お祝いを用意しながら、おめでとう!のほかに一言添えようと思いながら・・・。
「・・・ん!?何も言えない・・・。」
「かぁちゃん、まるで北島康介じゃん!」小6息子。
「いや、全然違うでしょ、真逆側!・・・てか、原因はあーたでしょーがっ!
12年経ってコレじゃ、アタシの子育てがおかしかったってコトじゃないの~!
でもどこまで遡っても、ほかにどうにも出来なかったのもアタシなんだわ・・・(涙)。」私。
幼子の頃より、何かが欠落している息子・・・困ったコトに、忘れ物や紛失物がハンパ無く・・・。
学校のほうから、幾度となく厳重注意を・・・。中学では減点制になるので、進学にも差し支えるからと・・。
「かぁちゃん、オレは生きる上で何一つ見失ってるモノなんてないよ。むしろそんなコトでしかオレという
人間を評価出来ないのなら、本質を見失ってるのは先生たちなんじゃないかと。オレは・・・
イテテ・・かぁちゃん、スリッパで叩くなよぅ~。それに、なんかカメムシ臭いんだけど。」息子。
「あ、さっきうっかり踏んじゃったんだわ(笑)。ばかたれ。」
まったくもぅ~!でも確かに、人間は生まれたとき・・・素っ裸で、無垢で眼も見えず。
これくらいのコトは、人より出来たほうがイイかも?とか、
これくらいの学校には行った方がイイんじゃないか?とか、もしかして周りのオトナが本人が望んでない、
勝手に幸せだと思う服を、無理やり着せようとしているのかもかも。

ま、元気ならいいか。と結局。
f0177373_2022822.jpg

今日は節分。
クニヒサ、タテ糸を今日は筬に通すところまできまして。
機にセットして、綜絖通しが間違ってなければ・・・(間違ってませんように!)
明日はヨコ糸を二人で決めます。

明日からは、春のはじまり。
一家で無言で恵方巻きも食べたし、めざしも焼いて食べたし。
もっちろん、子供達以上に私(エツコ)は張り切って豆もまいたし。
おバカな母にも息子にも、福がやって来ますように!
by senshoku-iwasaki | 2015-02-03 21:45 | 工程
<< 愛知・刈谷『雅趣 Kujira... きつつき工房さんの『綜絖通し』。 >>