<< いよいよ明日から・・・。 新作の吉野格子・九寸帯地『CA... >>
『地紋のある紬着尺・shamrock』。
f0177373_19241261.jpg

Kさまの『地紋のある紬』に取り掛かる前に、私(エツコ)の仕事始めだったのがこちら。
地紋がまるでクローバーのようなので・・・shamrock。
四つ葉のクローバーがいっぱい!並んでいるようだから・・・。
イイコトが、いっぱい連なるとイイなぁ・・・と思いを込めて。
タテ色の紺と、ヨコ色のターコイズブルーっぽいグリーンが(この辺りのカラーが、最近クニヒサ
のお気に入りのカラーのようでして・・・)見る角度によって、葉脈っぽくも見えます。

クローバーといえば。
今じゃ、まるで合わせ鏡のようなトホホな息子(涙)だけれど。
2歳の頃から・・・何が得意って、四つ葉のクローバー探しと、川原でカタチのイイ丸い小石
を見つけ出すのだけには・・・かなーり長けていて。
今から思えば、だからなんだ!?という、およそ何も役に立たない特技ではあるのだけれど(笑)。
5歳くらいまでなら・・・こーゆーしょーもないコトでさえ『天才!』と思える、親バカでいられたものの。
久しぶりに開いた、谷川俊太郎さん編纂の『祝魂歌』という詩集の中。
吉野弘さんの『初めての児に』の詩のページに、2歳の彼が保育園で始めて見つけた小さな小さな
四つ葉を見つけて。
ちょうど娘が生まれた夏だったけ。
そーだそーだ、人はみな生まれたときから・・・生きては帰れない旅に出ているのだもの。
しょーもないとか、役に立たないとか・・・世の中的にどうであれ、親くらいは決めつけちゃいかんと
思ってあげられる親バカでい続けたいものだなぁ・・・と思いつつ。
今から思えば!?
運動ギライの息子は、娘のように駆けまわったり泳いだり・・・が苦手だったからしゃがみ込んで
お宝さがしが好きだったのかと・・・。
今じゃ、ソファにどっかり座り込んで。モンハン4G(ゲーム)なら何時間でもOKな子に(涙)。
10年前の四つ葉では、そろそろ仏の顔も限界かもかも(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2015-02-08 20:57 | 着尺・帯
<< いよいよ明日から・・・。 新作の吉野格子・九寸帯地『CA... >>