<< 春風にsunrise。 増孝商店の場所は・・・元東京高... >>
Hさまの半巾帯。
f0177373_19463362.jpg

iwasakiの半巾帯をご愛用くださっている、Hさま。
「合わせたいキモノが、チョット・・・個性的なんですが。ご相談にのっていただけますか?」
と、昨年そのお着物の端切れをお持ちくださって・・・。
手織りの木綿、鮮やかなグリーン地に、黄色やピンクの格子が熨斗目のようにに絣で構成された
とても手の入った印象的な作品で。
以前、ギャラリー工さんで写真を見せていただいたことのある・・・川村成さんの作品だとすぐにわかりました。
これはたしかに。
かなりお洒落。
これだけお洒落なモノを、お洒落にカジュアルで半巾で楽しむ、というHさま。これまた相当なお洒落。
「おぉ~。ムムム・・・。」iwasaki夫婦、すぐにはイメージが湧きませんで・・・。
これだけ印象の強いお着物だと、フツーに合わせやすいとなると、白っぽいとか黒っぽいとか無地な感じ
がイイのかなぁ~?と思ってHさまにお聞きすると、それではつまらないと思っておられるご様子で。
そりゃそーだろうなぁ・・・。きっとイロイロお持ちだろうから、そうじゃないモノをお探しなんだろうなぁ・・・。
とか。
二人無い知恵を絞りまして・・・。
クニヒサ、昨年作ったヘリングボーンの八寸のシリーズの雰囲気で、タテにピンクを入れた半巾を提案させて
いただいたところ・・・Hさま、「じゃ、そんな感じでお願いします。」と。
川村さんのその端切れも「出来るまでお預けします。」と。

以来ずっと・・・工房に川村さんの端切れを置いて。
別の仕事を続けながら、Hさまの半巾のイメージを二人で膨らましておりまして。
年明けにクニヒサが取り寄せたのは、今まで使ったコトのないピンクの染料でして。
今まで使っていたものだと、少しくすんだローズっぽいピンクでしたが。今回はもう少し鮮やかなお色で。

まるでステンドグラスのような半巾帯になりました。
今回はこのほかにもう少し落ちついたタイプと、2種類制作してみました。Hさま、どちらがお好みかなぁ・・・?
今回もまた・・・。
糸を入れてみないコトにはワカラナイ、新しい発見がありまして。
自分たちの好みだったり、偏見で使ったコトのなかった色の、思いもかけないトキメキを知った私たち。
まだまだ・・・。
とにかく数を作るコトの、経験の大切さを思い知りまして。

川村さんにお会いしたことはまだ無いのですが、いつかお目にかかりたいなぁ・・・と思いました。
川村さんの作品の切れ端に宿る、力強さに・・・iwasakiもまだまだがんばって走って(ときどき歩いて・笑)
いれば、きっとイイかたちでお目にかかれるんだろうなぁ・・・と思っております。
by senshoku-iwasaki | 2015-03-22 21:36 | 着尺・帯
<< 春風にsunrise。 増孝商店の場所は・・・元東京高... >>