<< コノミノコヨミ。 お納めする、八寸帯『メンデスト... >>
先日の増孝商店・春場所で・・・。
iwasakiの八寸帯をしてお出でくださった方々。
制作年代はイロイロなのですが。
こうしてお召しくださっているお姿を拝見させていただく度・・・感激しつつ、
芸風の変わらないiwasakiも感じつつ(笑)、感謝の気持ちでいっぱいです!
f0177373_19225621.jpg

Nさまは、日本刺繍の飯島桃子さんとのコラボ帯を。
ナチュラル系のカラーがお好み、とおっしゃるNさまに飯島さんが刺した葉っぱは
ややパステルっぽいお色味で。当日Nさまが着ていらした、桜色の少しシャリ感のある
織りのお着物にピッタリのコーディネイトでした。
f0177373_19232178.jpg

「最近キモノから少し離れていたんです。久しぶりに着てみました。」とおっしゃるKさま
の帯は、クニヒサが青木間道をモチーフに八寸帯地を作り始めた初期の頃のもので。
8年ほど前になりますが、乳灰色から墨色系の色味にハマって(笑)しつこく作っていました。
久しぶりとは思えないほど・・・Kさまにピッタリ寄り添っているように、私には見えました。
f0177373_19331491.jpg

Sさまのヘリングボーンの帯も、Kさまの帯と同じ頃・・・。
ちょうどこの頃からモノトーンで、かなーりさっぱりしたシリーズをクニヒサ、作っていたくせに。
「こ、これは私が織ったんですよね?新鮮で。もう一度、こんな感じのものを作ってみようか
と思います。」とクニヒサ。
作った傍から忘れちゃうのは、私(エツコ)だけではありませんで、クニヒサもでした(トホホ・・・)。
ダブルボケのiwasakiですが、また新たな気持ちで同じようなんだけど・・・チョット違う
新作を作り続けたいと思っておりますっ!!

皆様のお召しのお姿や、ご感想がiwasakiの何よりの励みになります。
こうしてお召しいただいたiwasakiの織物に再会するたびに・・・いつも思うのですが。
工房で機にかかっていたときよりも、織り上がったときよりも、お召しの状態が格段にイイ!
のです。これはゼッタイなのです。それを毎回・・・再確認させていただく度に
iwasakiの織物が、『使う』コトを目的としたiwasaki的に理想の、『なんてことない』織物に
近づいているんじゃないかなぁ・・・と思えるチカラを頂いているのです。
まだまだ・・・しつこく(!?)がんばれそうです。
Nさま、Kさま、Sさま、ありがとうございました!!
by senshoku-iwasaki | 2015-04-21 21:27 | 着尺・帯
<< コノミノコヨミ。 お納めする、八寸帯『メンデスト... >>