<< 最新の生紬は、チョット透けます。 先日の増孝商店・春場所で・・・。 >>
コノミノコヨミ。
f0177373_2352466.jpg

あわゎ・・・いつものことだけど(笑)。
あっという間に!?4月もあと一週間で終わってしまうコトに
今更ながら気づいた私(エツコ)。
まだ終わらないでぇ~。
まだまだ新作の生紬に、織り上がりの目処が立たないから?
(っていうか、ざっくりとだけど(笑)立ててるスケジュールでも
新学期は、こんなに予定が狂うというコトは、想定外だったり・涙)
せっかく晴れるようになったのに、止まっていた糸染めばかりで。
我が家の冬物の洗濯やら、春夏モノとの入れ替えやら出来てないから?
どっちもなんだけど(トホホ・・・)4月のカレンダーがお気に入りだから!!

近正千広(こんしょうちひろ)さんの『コノミノコヨミ』が大好きで。
ここ何年か・・・無いと新しい年が来ないような気がして。
毎日何回か・・・眺めないと、一日がもったいないような気がして。
私には必須のアイティムなのです。
特に、今月はっ!
織物なのですっ!
乗り物でっ!?電車ですね、近正さんちのお子さんが好きなのかな?
なんて夢があるんだろう!って、見るたびにウルっときちゃいそうになる位。
カレンダーって、実用的なものとか、ぱっと見でもキレイな写真のものとか、
とにかくデザインが美しいとか・・・いろんなタイプがあるけれど。
『コノミノコヨミ』は、『コノミノコヨミ』。唯一無二のもの。
ご主人の近正匡治(こんしょうまさはる)さんのつくる木彫りの『ムシャ人形』も。
全てはお二人の、日々の暮らしのなかから生まれてくる・・・
まさに、紡がれている糸のようであり、織り成す布に思えてならないのです。
それはまさに人生そのもの。
今日という日。明日という希望の日。

予定が狂ってばかりのiwasakiだけど。
こんなに、バタバタでトホホな日々でも・・・だからこそ生まれる織物もあると。
千広さんの『コノミノコヨミ』のような、iwasakiでないと、私でないと出来ない
織物をつくるのだ!というキモチを奮い立たせてくれる、魔法の暦なのです。
by senshoku-iwasaki | 2015-04-24 23:10 | iwasakiの持ち物
<< 最新の生紬は、チョット透けます。 先日の増孝商店・春場所で・・・。 >>