<< 銀河シルクの山形斜文八寸帯の新... 最新の生紬は、チョット透けます。 >>
横浜・三渓園での『日本の夏じたく』展に向けて・・・。
iwasaki、がんばって織り進めております!
今、私(エツコ)が取り掛かっている生紬は黒っぽいので・・・。
糸目が見えなくて、老眼に堪えます(笑)。
小学校と中学校、二箇所になってしまった学校行事も一応(!?)
参加しないわけにもいきませんで・・・。さっそくに授業参観やら、
家庭訪問やら、PTA総会やら・・・そのぶんの日程を取り除いて
クニヒサとギリギリまで織り上げるっ!作戦に。
クニヒサは帯地を織りながら、連日糸染め、糸が乾くとタテ糸は
木枠にあげて整経の準備。整経が終われば、今度は空いている
機に二人でタテ巻きをして・・・クニヒサ、機にセットアップしたところ
で織り上がった私が、次に掛かる・・・。の繰り返しでして。
その合間に、『日本の夏じたく』のご案内もお送りしております。
f0177373_2013971.jpg

5月21日~24日、横浜・三渓園で今年も開催されます。
今年は、旧燈明寺本堂では型染めの小倉充子さんの作品展とともに
江戸の芸のイベント。白雲邸では、山本きもの工房さんによる
ワークショップ、高橋建具製作所さんの簀戸の展示や、その楽しみ方
の講座など・・・。また、白雲邸では田村協子さんによるカフェも。
連日限定10食の、季節の点心は5月1日から受付開始です!
(tel,03-5746-0257 fax03-5746-0241)ご予約はお早めに。

iwasaki出展いたします鶴翔閣のほうでも、今年は5名の出展作家
の『作り手による作品ガイド』として23日(土)16:30~18:00
定員30名様で閉場後に出品作の解説などを聞く新企画があります。
今回は、新啓織物の新井さん、拝宮手漉和紙の中村さん、limulの
片桐さん、錫の今井さん、ガラスの瀬沼さんが解説されます。
参加費1,000円(テキスト、お土産、お帰りの貸切バス乗車含)
(こちらのお申し込み先は、アトリエkinami tel,042-395-9270
kubo@kinami.jp まで)


第9回目 日本の夏じたく 5月21日(木) 13:00~16:30
             22日(金)~24日(日)10:00~16:30

☆ご案内ご希望の方は、iwasakiまで
メールでお知らせいただけましたら郵送させていただきます。
mail@senshoku-iwasaki.com
by senshoku-iwasaki | 2015-04-30 21:59 | 展示会・お知らせ
<< 銀河シルクの山形斜文八寸帯の新... 最新の生紬は、チョット透けます。 >>