<< 銀河シルクの山形斜文八寸帯地、... 銀河シルクの山形斜文八寸帯の新... >>
埼玉のSさまの着尺のその後。
f0177373_2092818.jpg

ご注文いただいた、格子のサンプルをお送りさせていただきまして。
ヨコ糸にクリームっぽい白茶バージョンと、ブルーグレーバージョン
を入れたものでしたが。

Sさまからは、「もう少し白茶を白っぽくすることは可能ですか?」と。
お手持ちの、スカッとした白が効いた・・・リネンの格子のワンピース
のお写真が添付されておりまして。

iwasakiとしましては、タテ糸ももう一度経て変えることも考えつつ。
とりあえずヨコ糸に、白っぽい白茶を入れたサンプルをお送りさせて
いただきましたところ、「これでお願いします!」といただきました。

たしかに、Sさまのおっしゃるように・・・この白茶バージョンのほうが
組織で入った、『いろどり繭』の生糸が馴染みつつも輝いて見えます。

クールなんだけどやわらかみもある、Sさまの格子の着尺。
GW前半のキモチイイお天気の日に、ヤマモモで白茶を染めまして。
これまたイイ感じの五月の風に、カラリと糊付けも上がりまして。
クニヒサ、少しずつ織り進めております。

いよいよ・・・2週間後に迫ってきた『日本の夏じたく』。
まだまだ・・・つくりたい織物は次から次にありまして。
息子の部活の朝練も始まったこともあって・・・仕事開始時間も職人
タイム!?の8時入り。お陰でお尻が痛くてぇ~(涙)。
機の腰板を、どーにかもう少し快適に改造出来ないものかしら!?
ざぶとんじゃ、どうもダメなので・・・。真剣に!?改造計画中です(笑)。
by senshoku-iwasaki | 2015-05-08 21:44 | 着尺・帯
<< 銀河シルクの山形斜文八寸帯地、... 銀河シルクの山形斜文八寸帯の新... >>