<< 新作の八寸帯地は、シュワシュワ... 埼玉のSさまの着尺のその後。 >>
銀河シルクの山形斜文八寸帯地、『黒瑪瑙・くろめのう』。
f0177373_19404637.jpg

タテ糸は、宮坂製糸所の銀河シルクを墨色に染めて。
先日織り途中だった・・・ヨコ糸も黒っぽいタイプのほかに、
ヨコ糸に白茶を入れたバージョン。
大好きな、古いこぎん刺しのような風情もありながら
銀河シルク特有の光沢が、いつもの宝石シリーズのように
パワーストーンのような気品も感じます。
黒、白黒・・・といったらオニキスでしょうか。

iwasakiの引き出しは、あんまり多くはないけれど(笑)。
やっぱり古今東西・・・。
フツーの日に、フツーの人が、フツーに着用していたような、
日常着であり、仕事着などをリスペクトしてしまいます。
それはアイルランド!?いや、対馬の漁師さんだったり。
東欧のニットのモチーフかもしれないし、佐渡の鉱山用の
刺し子であったり。北欧のレースのようであって、東北の
汗はじきであるかもしれないし、アフリカのハンモックかも!?

世界中のどこででも。
暮らしのなかで人と一緒に生きてきた織物は、とても普遍的。
キモノは、日本民族の衣装なんだけど。
織ったまんまに限りなく近い状態で、身に着けることの出来る
キモノや帯。
今回のこの帯地も、糸をつくるところから『手指のチカラ』を
無くしてはうまれませんで。iwasaki夫婦の『手指』ももちろん。
いろんな『手』を通して出来ております。

毎日じゃなくても。
特別の日じゃなくても。
たくさんのハンドパワーが織り込まれているのだもの、
これを身に着けるコトで、キモチだけでも『特別な』とっびきり
のフツーの日になりますように!
by senshoku-iwasaki | 2015-05-13 21:20 | 着尺・帯
<< 新作の八寸帯地は、シュワシュワ... 埼玉のSさまの着尺のその後。 >>