<< 織り上がったばかりの、『Sさま... 先日の『日本の夏じたく』展にて... >>
先日の『日本の夏じたく』展にて、嬉し過ぎる再会・其の弐。
前回に引き続きまして・・・・。
今回は、iwasakiの八寸帯をお召しでお出でくださった方々。
八寸帯はキホン、織ったまんまの一枚の布なので。
だけに組成や密度、生地のコシやハリには気を使いますが、
iwasaki的には大好きなジャンル(!?)なのです。
f0177373_2161462.jpg

昨年の『増孝商店』・冬場所でご覧頂きまして、場所後に
「来年の春場所のときに頂きたいのですが・・・。」とご連絡くださったNさま。
『アカギブシノコブシ』、コブシ大盛りバージョン!?節糸の節がかなり多め
の帯地でした。Nさま、「冬場所でとても惹かれたのですが、ひょっとして
以前『日本の夏じたく』にも出品されていました?私、そのときに手にとらせて
いただいたことを・・・なぜかたった今、思い出したのですが。」
そーなんです、そーなんです。糸味のお好きなNさま、そのときも愛おしい
ように丁寧にご覧下さったのがこの帯地でした。
ふとした瞬間に、はっと思い出す・・・掌の心地、織りの断片、色の記憶。
私(エツコ)は、年中ボケているくせに(笑)、幼児のときの母の割烹着の下
のカーディガンの網模様まで・・・突如に思い出す癖を持ち続けています。
きっとNさまと私、同じ何かがあるのかも!?あったらウレシイなぁ。
f0177373_2164752.jpg

『アカギブシノコブシ』を作った頃、ほぼ同時に生まれたのがコチラ。
『キビソノアミガサ』。ボコボコとしたキビソ糸をタテヨコに、模紗織りでニット
のような風情で作ったシリーズでして。
Hさま、そのときにご覧になった瞬間に「私、コレ好きです!!」と選び取って
くださったものでして。「やっぱり気に入っていますよ。」と。何よりのお言葉を
いただきました(涙)。来年の『日本の夏じたく』までに、青木間道をモチーフに
したシリーズで、Hさま仕様の八寸をお作りさせていただくことになりました。

今現在は、コレにピッタリの太さの糸が手に入らないので・・・
最近は作れておりませんが。手づくりの糸ですから、またピッタンコの糸
がiwasaki工房にやってきたら・・・ぜひ、また作りたいです!
f0177373_2171274.jpg

『ヘリングボーンの八寸』を締めてお出でくださったSさまは、山本きもの工房
さんで和裁を習われておられていて。「ここに来るために、大急ぎでかがって
きました!」と。この帯の副題、『夢の中へ』な感じがSさまにとてもお似合い
でした。Sさま、昨年の『日本の夏じたく』でスウェーディッシュレース織りの
クリームソーダ』をお求めくださって、それにあわせるなら生紬は、iwasaki
で見送りとなった『マンゴーシャーベット』がイイ!と。お色違いのライチと、
スターフルーツを見ながら、全部iwasakiにお任せでご注文くださった方で
して。「思ったとおり!マンゴー、よかったですっ!これからクリームソーダを
仕上げて、マンゴーにかかりますねっ!来年のこの会ではセットで着てきま
すね。」と、嬉し過ぎる一言を・・・。

『日本の夏じたく』は作家企画の販売催事。
これだけいろんなジャンルで、大人数でのグループ展、それも9年も続いて
いる・・・たぶん、これって相当稀有な事だと思うのです。
リーダーの、アトリエ紀波さんに10年前にお声をかけていただいいて。
運営のスタッフとしても関わらせていただいておりますが。
経費もかかるコトなので(笑)。毎回・・・来年は出展できるかなぁ・・・?と
(実は今でも・笑)不安なのですが。それでもこうして作り続けるコトで、やはり
いろいろな方々に見ていただいて、使っていただいて、育てていただいている
のを痛感いたします。
『日本の夏じたく』が無かったら、今のiwasakiじゃなかったかもしれない・・・
そう思うと。
ボケてる場合じゃないですねっ!(汗)。来年は、もう少し成熟させたiwasaki
を・・・ご覧いただけるように今から・・・頑張ります。
by senshoku-iwasaki | 2015-05-30 23:18 | 着尺・帯
<< 織り上がったばかりの、『Sさま... 先日の『日本の夏じたく』展にて... >>