<< 兄の舞台と、夏のイベントのお知らせ。 いま、iwasaki家の床の間... >>
銀河シルクの山形斜文八寸帯地、『漆朱』。
f0177373_19583966.jpg

愛知のHさまのご注文で、漆黒のタイプをつくりまして。
その漆黒のタテ糸で、ヨコに小豆色のキビソ糸を入れたこの帯地。
ヘーゼルナッツのようにも、漆の濃し布のようにも、酒袋のようにも、
光の加減で不思議な見え方をします。

かなり黒く染めた銀河シルクから・・・控えめながらも、しっかりと光沢
があり、ダイヤの菱形は見えにくいのですが見えてくる・・・。
この不思議な存在感、かなり気に入ってしまいまして・・・。
似たようなシリーズがつくれないかなぁ?と思っております。

銀河シルクの山形斜文のシリーズ、iwasakiでは定番で毎年何種か
制作しておりますが。その都度、色も山形の大きさもイロイロ・・・
変えております。その度に新しい発見がありまして。
こんな単純な織物なのに、まったく飽きません。
織物が深いのか、私がバカなのか・・・。たぶんどっちもなのだと(笑)。

性懲りもなく(!?)引き続き今日、機にセットしたのはシルバーグレー
に染めた銀河シルク。
明日からまた、新しい発見に出会います。
by senshoku-iwasaki | 2015-06-30 21:04 | 着尺・帯
<< 兄の舞台と、夏のイベントのお知らせ。 いま、iwasaki家の床の間... >>