<< 梅雨の晴れ間に糊付け。 増孝商店・夏場所'15... >>
最新の、銀河シルクの八寸。
f0177373_2019226.jpg

イトノサキさんよりご依頼を受けまして・・・。
iwasakiの定番となった、銀河シルクの山形斜文の八寸帯地で
シルバーグレー×グリーンの新色。
今までに、若干淡いシルバーグレーに淡いブルーグリーンを制作
したことはありましたが。

こちらは・・・やっぱり新鮮。
なるほど・・・。
イトノサキのオーナー、畔蒜さんがお好きそうな紺系のお着物に・・・
とても映えそうな質感です。

織物の面白さは、色だけでも柄だけでも無いところにあると私たち
は思っておりまして。
経糸と緯糸との交差による、陰影だったり錯覚による見え方の違い
や、光の加減で変化するツヤ感などなど。
毎日織っていても、毎回新しい発見があります。

まったく勉強してこなかった、我が家の中1息子。
散々な結果の中間テストから・・・約1ヶ月の大奮闘だったハズが・・。
現実はかなーり厳しく・・・(涙)。
あんまり変わらない期末テストの結果に、こちらのほうが落ち込み
そう(笑)。
いやいや、しかし。
教科書や、資料集がかなり興味深くて!もっちろん、私も知らない
コトだらけ。中1レベルとはいえ・・・全部知ってたら、池上彰さんに
なっちゃうんじゃないかしら~!?と思うのは私だけ?(笑)。
地理の資料集に、地図の経度緯度は、地上を織物にたとえたから・・
とあって。
やっぱり、私の『空想織物地球一周』は、間違ってなかったんだわ~
と。息子の答案用紙からは目をそらし・・・。
いっそ、ずっと目をそらし続けたいっ(涙)!!
by senshoku-iwasaki | 2015-07-08 21:31 | 着尺・帯
<< 梅雨の晴れ間に糊付け。 増孝商店・夏場所'15... >>