<< 最新のショール、sunriseは。 最新の、銀河シルクの八寸。 >>
梅雨の晴れ間に糊付け。
f0177373_2042162.jpg

次に掛かる着尺は、Uさまの杉綾織りの紬。
紺のタテ糸に、グレー系の予定。
増孝商店・夏場所で、サンプルをご覧頂いて・・・
Uさまのイメージに近いものを決めていただこうと。

その前に。
秋に向け・・・同じ紺のタテで、ヨコにこの小豆色の
新色を作ろうと思っているのです。
先日織り上げた、銀河シルクの山形斜文の八寸帯地
『漆朱』のような、ざらっとした風情にしたくて。

23日から始まる、増孝商店・夏場所ですが。
iwasakiは、まだまだ走っておりまして。

半巾の新作を織りながら、もう一つの機にはiwasaki
とサカタとのコラボ、ekkaの初期のころよりのユーザー
さんである(それもご夫妻で!)Mさま、ご主人の
ジャケット、ベストになる生地のサンプルがかかりました。
タテ糸がシルク。ヨコ糸にウールを入れた杉綾織りで。

ううぅっ・・・。この時間配分・・・我ながら痺れるなぁ・・・(笑)。
織物の場合、いや、不器用なiwasakiの場合。
「その気になれば一日!」なーんて仕事は絶望的にありませんで。
どれもこれも・・・経験上、実際かかるであろう日数+4日くらい
で辻褄が合うスケジュールなのです。
なので、土曜も日曜も。
ゆるゆる、せっせと・・・天気予報とともに作業は同時進行中。
by senshoku-iwasaki | 2015-07-12 21:24 | 工程
<< 最新のショール、sunriseは。 最新の、銀河シルクの八寸。 >>