<< 岐阜・起き上がり本舗の『起き上... 先日の『増孝商店・夏場所』で・・・。 >>
武蔵村山・紀の国屋の『たんざく最中』と、神楽坂・梅花亭の『飛躍うさぎもなか』。
f0177373_21572192.jpg

増孝商店・夏場所の前日『日本の夏じたく』のスタッフ会議がありまして。
リーダーの紀波さんにいただいたのは、古今和歌集にある武蔵野ゆかりの
「むらさき」の歌がモチーフの『たんざく最中』。
食べやすい、小ぶりのたんざく型の最中は四種類。
つぶあん、こしあん、栗あん、ゆずあんと。
栗あんは、白あんに刻んだ栗が入っておりまして。
ゆずあんは、白あんに柚子の香りが爽やかにいたします。
皮は硬過ぎず、柔らか過ぎず・・・あんと一体になってお口に幸せを運びます(笑)。
短冊にさらさらと想いをしたためられたらイイなぁ・・・と思いつつ。
なんでか私(エツコ)の手にはもう一つの短冊じゃなかった、たんざく最中が。
紀波さん、ごちそうさまでした!!
f0177373_215858.jpg

神楽坂に暮らす兄嫁さんが、陣中見舞いに持ってきてくれたのは・・・
なんとも愛らしいウサギの最中。その名も『飛躍うさぎ最中』。
能楽師の兄も、アウトローな織物作家のiwasakiも。縁起モノ、ご利益モノは大好き!
以前登場した・・・『招き猫最中』もですが。
カワイイ、縁起が良い、そして美味しい・・・ときたら、そりゃもう・・・
私の鼻腔は広がりっぱなし(笑)。
白うさぎはこしあん、茶うさぎはつぶあん、薄紅うさぎは白あんに柚子の香り。
「あ~ん、カワイイなぁ。どこから食べていいのかしら?」なーんて言いつつ。
なんでかいつの間にか・・・私は口福に。
ぴょんぴょんと。ピンチも乗り越えられるような気がします。
義姉さん、ごちそうさまでした!!
by senshoku-iwasaki | 2015-08-08 22:00 | 最中
<< 岐阜・起き上がり本舗の『起き上... 先日の『増孝商店・夏場所』で・・・。 >>