<< 2015iwasaki夏の修学... 南青山の itonosaki ... >>
2015iwasaki夏の修学旅行・岡山・児島→香川・高松
増孝商店・夏場所のあとに、今年もiwasaki家恒例となった・・・
真夏の、ビンボー家族旅行に出かけました。
今年のテーマは、温故知新。
一回じゃ、ナカナカ理解できない(笑)気の毒な母(私)と、そのお子たち。
今回は母以外、それぞれにカメラを手に・・46歳のオヤジ、13歳少年、11歳少女
の目線の景色を記録してきました。母は運転も何もせず、キョロキョロしてただけ(笑)。
f0177373_19451587.jpg

今年の旅の始まりは、岡山市内にある、桃太郎ジーンズさんのファクトリーショップから。
ファクトリーのほうでは、旧式の自動織機トヨダ製がズラリ。
撮影禁止なので、ガラス越しにじーっと観察のiwasaki夫婦。
旧式とはいえ、産業革命後のごっついマシンに・・・iwasakiの全手動式西陣製高機が
町内のみで私(エツコ)がたまーに運転する、『三代目・豆象』(古いサンバー)に感じた瞬間。
見学のあとは、児島のデニムストリートに。
f0177373_19453786.jpg

せっかく児島に来たので、KAPITALさんのファクトリーショップにも。
作り出されながら販売されているカタチが、どうやらiwasakiは好きみたいです。
f0177373_1947427.jpg

今年も瀬戸大橋を通って・・坂出で降りて向かった先は、瀬戸内海歴史民族資料館です。
昨年は知らなかったのですが、昨年こちらでは漁師の仕事着『ドンザ』の企画展示をしていた
と後で知り・・・。今回は常設展でしたが、この資料館、展示内容も建物も大変興味深く・・・。
我が家の子供らは、今回の旅で一番か二番の印象的な場所だったようです。
f0177373_1947397.jpg

高松のホテルにチェックインをしてから・・・夕方の高松散歩に。
f0177373_19481129.jpg

高松城跡の、玉藻公園に行くと・・・松平家別邸の大正建築の『披雲閣』が夕涼み無料公開中
とのことで、ついついほいほい入ってしまう・・・松平家とまったく無縁のiwasaki家。
この日、中では高松ゆかりの工芸家、クラフトマン、書家、造形作家の方々の作品を展示販売
のイベント中でした。香川漆器の素晴らしい技法を、制作者さん自ら説明してくださって・・・。
さすがはお殿様のいらした町です。私、噴出す汗と、息がかかっては大変!!と手拭いで顔中押
さえながら(笑)・・・作品は遠巻きに拝見させていただきました。
なんだか、三渓園での『日本の夏じたく』みたいですね。
f0177373_19484295.jpg

ひとしきり・・・作品や建物、お庭を鑑賞させていただいているうちに日は暮れて。
琴電の過ぎ去る、高松の夜。       
f0177373_19491117.jpg

翌日は愛媛の小島に出かけます。     つづく。
by senshoku-iwasaki | 2015-08-13 22:41 | 岩崎のある日
<< 2015iwasaki夏の修学... 南青山の itonosaki ... >>