<< 10月は、『染織こうげい』さん... ema galleryさんでの... >>
先日の『観月展』で・・・。
iwasakiの帯を締めてお出でくださった方々・・・の一部をご紹介。
実は、今回会場にはクニヒサが一人だったため・・・
かなーりてんぱってしまっていたらしく・・・。
「エツコさーん、写真撮るコトが出来なかったり、ピンボケしてしまったり・・・。
全ての方が撮れてないんですよ(涙)・・・。」
お天気が不安定ななか、お着物で、しかもiwasakiをお召しでおいでください
ました皆々様・・・心より感謝しております。
ありがとうございますっ!!
f0177373_20204816.jpg

平織りと緯吉野の『入り江の波』シリーズの九寸帯を、キリリとお召しのSさま。
写真では白っぽく見えますが、アイボリーとグレーの格子です。
f0177373_2021917.jpg

月兎の帯留めを合わせて、『銀河シルクの山形斜文』の八寸をお召しのAさま。
これも写真ではよくわかり難いのですが・・・タテがクリーム、ヨコがオレンジ
ベージュの組み合わせで、Aさまのご希望でつくらせていただいたものです。
やはり、しっくりとAさまに馴染んでいるように感じます。
f0177373_20213288.jpg

赤城の節糸を使った緯吉野八寸帯、『アカギブシノコブシ』をお召しくださったNさま。
月が雲に隠れたときの、ぼわーんとした夜空のようにも見えます。
f0177373_2022026.jpg

iwasakiの地紋のある紬に、飯島桃子さんの刺繍のコラボをご注文中のKさま。
今回、飯島さんの刺繍も完成しまして、とっても喜んでくださいまして・・・。
この日お召しの『銀河シルクの山形斜文』の八寸帯は、タテもヨコもアイボリーで
大きなダイヤのタイプを。飯島さんとのコラボ着物は、仕立て上がりましたらぜひ!
お写真を撮らせてくださーい!
f0177373_20222183.jpg

飯島さんとのコラボといえば、『日本の夏じたく』でiwasakiと飯島さんの初コラボの
八寸をお選びくださったNさま。この日は、緯吉野半巾帯『SAVON』に、満月に兎
のかわいい帯留めでお出で下さいました。

毎回同じようなコトを書いているような私(エツコ)ですが(笑)。ほんとうに。
制作年代はイロイロなのですが、こうしてお召しいただいたお姿に出会う度に・・・。
織物を続けてきて、心からヨカッタと・・・幸せをを感じるときなのです。
弱小なiwasakiですが。もしも私たちのブログを見ている、織物を志す若い方がいら
したら・・・どうかぜひ。
織物の面白さをひとつずつ紐解くように、織り進めてみてみてください。
気がつくと、月日は過ぎ去ってゆくのだけれど。必ずやお月様は道を照らしてくれて。
力を与えてくれているのだと感じています。
そしてその月日は、裏切ることなくココロを満たしてくれるのです。きっと。

これからも。
まだまだひとつずつ。
iwasaki、明日に続く一越を、織り進めたいと思います。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-03 23:06 | 着尺・帯
<< 10月は、『染織こうげい』さん... ema galleryさんでの... >>