<< 絞り絣八寸帯地 『corona』。 先日の『観月展』で・・・。 >>
10月は、『染織こうげい』さんでの展覧会です。
神戸と浜松に店舗を構える、染織こうげいさんで、
今年で3回目の展覧会をさせていただきます。

☆染織こうげい・神戸店・・・10月15日(木)~19日(月)
☆染織こうげい・浜松店・・・10月22日(木)~26日(月)

毎年、何か新しいコトを取り入れたいと思っておりまして。
今年は以前から作りたいと思っていた・・・ほぐしの技法を取り入れた
八寸の帯地を出品したく・・・春から準備をしてきました。

ほぐし織りとは、絹でタテ糸を機にセットしてから仮に木綿で織って。
板締めとか絞り、型染めなどの技法で布を染めます。
f0177373_19205380.jpg

絹だけが染まる染料を使うのでタテ糸だけが染まります。
f0177373_19202645.jpg

今度はヨコ糸の綿糸を抜きまして、今回は更にタテ糸をずらして・・・
ヨコに本命の(!?)絹糸を入れて、もう一度織る、というものです。
(写真は、まだ綿糸の仮織り状態。ここからほぐして始まります。)

一度、布の状態にして染めるので。
絞り染めをした場合、糸の状態で染まるところと、染めないところをつくる、
絣とは違った『不確かなぼわーんと感』が出ます。
今年のiwasakiは、染めと織りの中間のような・・・この『不確かな
ぼわーんと感』を、染織こうげいさんで初お披露目したく・・・。
まだまだ足掻いておりますっ!(汗)。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-04 21:16 | 展示会・お知らせ
<< 絞り絣八寸帯地 『corona』。 先日の『観月展』で・・・。 >>