<< ブランケットサンプル。 神楽坂・菓の子やの『坂の街最中』。 >>
宝塚・永樂庵、寶もなかの『寶あわせ』。
f0177373_1958543.jpg

染織こうげい・神戸店さんにお邪魔したときに・・・。
今年も頂戴してしまいました(汗)、関西の最中。

まずですね、包装紙のデザインが私(エツコ)のツボでして。
まるでUFOのような笠とか、巾着袋とか、永楽銭とか、鍵だとか。
宝塚銘菓 寶もなか、おぉぉ・・・お宝文様だっ!
「エツコさん、なんとコレ、わざわざ宝塚まで行って買ってきてくださったそうなんですよ。」
ちょっと困った顔をしながら・・・クニヒサ。
「エツコさんが最中好きで、縁起モノ好きだなんて言うから・・・。
こうやって、ご迷惑かけちゃうんですョ。反省してください。」クニヒサ。
「あわわ。。。スミマセン。。。で、でも開けちゃってイイかな・・・?」私。

しっかりした、和紙張りのキレイな箱を開けると・・・。
うは~っ♡ちょーカワイイ!!
サイズがまるでマカロン。
しかも宝づくし。
「寶もなか」は、最初からこのようになっているそうなのですが。
「寶あわせ」は、日持ちするよう、餡と皮が別になった、手作りタイプ。
同封のヘラで、栞に書いてあるように・・・しっかり固いめのつぶあんを、梅干大くらい
盛り上げて。同じカタチの皮を合わせて、軽く押さえて出来上がり。

こちらの最中。
皮にかなり特徴があります。香ばしいのはもう、ものすごく。それだけではなくて
しっかりと餅を感じる皮に、ちょうどいい重さのつぶ餡。
作りたては、皮がパリッと。
しばらく置いておくと、皮の香ばしさはそのままにちょっとだけしっとり。

宝塚といえば。♪すみれの花~(笑)。
マカロンサイズの美味しいスィーツといえば。
キレイなお姉さんがゼッタイ好きなやつじゃ・・・?
と思いましたら、やっぱり。
創業明治の永樂庵、タカラジェンヌも御用達だそうです。

寶づくしの寶あわせ。
美味しい幸せ。
なんかイイコトありそう。

染織こうげいさん・・・。本当にスミマセン。ありがとうございました!
おかげさまで元気モリモリですっ。ごちそうさまでした。
by senshoku-iwasaki | 2015-10-30 22:40 | 最中
<< ブランケットサンプル。 神楽坂・菓の子やの『坂の街最中』。 >>