<< ハロウィンはとっくに過ぎたけど。 キモチのいい、乾燥したお天気が... >>
さっそくに。
iwasakiの今秋の新作八寸帯地、絞り絣coronaのお召し姿のお写真を頂きました!!
只今『日本の紬めぐり・北から南まで』展開催中の、染織こうげい・神戸店さんから。
嬉しいですっ!しかも、お着物は郡上紬です(涙)。
f0177373_8102083.jpg

iwasakiのルーツでもある郡上・・・。
お客様はそれをわかってくださって、合わせてくださったんですね。感激です。
絣糸がちらちらと配置されて、のびやかな抑揚を感じる段。
タテ糸にもヨコ糸にも、沢山の色糸が入って・・・構成されているのは、『走り続けて』
いなければ出来ない証の仕事。iwasakiの目指すところのものです。
大師匠の原点も、芸術家ではないフツーの人が、手に入る素材で創意と工夫によって
生み出される、暮らしのための織物。ホームスパンからでした。
だからこそ出来る、『ぱっと見』の色柄だけじゃない、『じっと見』の色柄があるのだと思うのです。
ですが、大師匠のスゴイところは、『じっと見』の上に・・・。
更に『ぱっと見』の華やかさまでも、独自の創意と技術で盛り込んだところでしょうか・・・。
今年こうげいさんでの展覧会に向けて、このほぐし織りのシリーズにかかったときに。
本当に、ごくごく僅かなのですが・・・大師匠の創作の真髄を、垣間見たような気がしたのです。
f0177373_8103978.jpg

iwasakiでも大師匠へのオマージュとして・・・制作している440シリーズの丸文などの絣。
あれらは、大変手間がかかるのだけれど。おそらく他の定番の紬に取り掛かりながら・・・
走りながら、作りながら生み出していったとしか思えなくなりました。
大師匠の大作といわれるモノの背景に、多くの人に愛されるフツーの日の、定番の紬たちが
当時の郡上の織子さんたちの手も通して・・・いっぱい関係しているというコトをあらためて
思い知らされました。
この絞り絣八寸・coronaは、iwasakiにとって新たな始まりの第一歩なのです。
それがこのようなカタチで!お客様にコーディネイトしていただいて!!
ここから。
ちょっとずつ変化!?進化!?していけるよう、大師匠の天の声がもうちょっと聴けるよう、
努力したいと思います!
染織こうげいさん、お客様、ありがとうございました!!
by senshoku-iwasaki | 2015-11-07 09:38 | 着尺・帯
<< ハロウィンはとっくに過ぎたけど。 キモチのいい、乾燥したお天気が... >>