<< 2016年も明けまして。 年の瀬から・・・染織iwasa... >>
2015年も、お世話になりました。
f0177373_21293234.jpg

大晦日の今日、ようやく仕事場とリビングの大掃除が済みまして。
庭では薪の準備と、お掃除も子供等と人海戦術(!?)で。
あー。やっと間に合った・・・。
一夜飾りになっちゃいけないからと、片付いていない昨日から(笑)
我が家の大黒柱を飾るのは、以前から『日本の夏じたく』展で
お世話になっている・・・(iwasakiはお世話になってる方ばかり)
辛島綾さんの『折形と大麻(おおぬさ)の蓬莱飾り』。
おおぉ・・・。なんか、気が引き締まります。
お蔭さまで無事、歳神様をお迎え出来そうです。
f0177373_21295577.jpg

築140年のこの家に暮らすようなったのは、息子が小3、娘が小1
になる年だったので、ちょうど5年間。この5年は、iwasakiにとって
本当に大きな大きな一節でした。
大師匠は、まず5年。次にまた5年。そして5年。15年続けられたら
きっと大丈夫。と言われていたけれど。
30歳になる年に、織物だけで生活する一大決心をして南部町に
やってきて。住み心地が良くて15年が過ぎ、その間に家族が増えて。
これからの5年は、これまでの経験を膨らませてみたいと思っています。
マイナーチェンジを繰り返しながら・・・新しい領域に辿り着きたいです。

アフガニスタンの遊牧民族が織ったというラグに、アフリカのテーブル。
三春の張り子。
iwasakiは、来年も妄想の古今東西、世界旅行を続けます!
世の中が平和でないと、小さな小さな掌の神様はどこかに隠れてしまうから。
どうか、やってくる新しい年が少しでも・・・平穏であることを祈りつつ。

今年も大変お世話になりました。ありがとうございました。
by senshoku-iwasaki | 2015-12-31 23:38 | 岩崎のある日
<< 2016年も明けまして。 年の瀬から・・・染織iwasa... >>