<< 神楽坂・五十鈴の『すずもなか』。 さいたま大宮・大成屋菓子舗の『... >>
先日の増孝商店でお引渡し出来ました織物たち。
f0177373_206446.jpg

Sさまに昨年の師走場所でご注文いただきました、銀河シルクの山形斜文の八寸帯地でボーダー。
お色も段の感じもSさまのご希望です。
等間隔の段は、あまり作ってこなかったのですが・・・。
一昨年、色味サンプルとして織った杉綾織りの紬を、そのまま作って欲しいというリクエストから
生まれた着尺がありまして。
以来、iwasakiの間でチョット流行っている(!?)等間隔のボーダー。
年明けからかかっていた、九寸帯地の『ゼリーのミルフィーユ仕立て』もそんな等間隔のボーダー。
一見、単純であるようだけど、単調では無い、なんとも奥深い段です。
このSさまの帯地も。
Sさまに気に入っていただきまして・・・安心してお引渡しが出来ました。
Sさま、ありがとうございました。ぜひ次回は、Sさまの帯としてのお召姿も拝見させて下さい!
f0177373_20123992.jpg

こちらも師走場所でご注文いただきました、銀河シルクの山形斜文帯地。
タテが淡いグレーで、ヨコがアイボリーのTさまの無地ライクの帯地。
Tさま、とても喜んでくださいまして・・・。次回は、「吉野格子の九寸帯地を・・・と。待つ時間もとて
も楽しみで幸せなのよ・・・」と嬉しいお言葉もいただきまして。喜んで~ガンバリマス!!
f0177373_207913.jpg

こちらは、昨年の夏場所で「来年の春ころで構いません・・・」とご注文くださったYさま。
タテ糸はカラフルな絹。それをかき消すように・・・緒糸と苧麻と、科(しな)も入っているナチュラル
な半巾帯でして。私(エツコ)が昨年の『日本の夏じたく』展で締めていたものと同じものをご注文
くださいました。巾と長さは、Yさまのご希望に合わせてYさま仕様にさせていただきまして。
お着物好きなYさまですが、半巾は初めて・・・とおっしゃっていたのですが。「とても気に入りました」
となんと!新作の半巾を、Yさま仕様でご注文くださいまして。「また来年の今頃でお願いします」と。
f0177373_21422760.jpg

画像がどうしても見つからない・・・(笑)。Hさまにご注文いただいたのは、銀河シルクの山形斜文で
ヨコに紺の無地の半巾帯。八寸では、こんな感じのものを作っていますが・・・半巾では初めて。
Hさま、今までもiwasakiの半巾帯を、イロイロお使いくださっておりまして・・・。ご注文も何度か。
いつもざっくりと・・・ご希望のお色味をおしゃって、あとは任せてくださいます。
なのでこの画像は、Hさまに織り始めたお色味を、メールでご確認いただいたときのもの・・・。
Hさま、実物をご覧になるなり・・・「ハイ、これです!ありがとうございます。」と。

皆さまとても嬉しいお言葉を・・・ありがとうございます。
時間をいただいて作らせていただいておりますが。私たちもご注文をいただいている間は、いつも
次に取り掛かるもの、その次に掛かるもの・・・工房にはご注文品のリストを貼りまして、考えながら
二人で話し合いながら・・・進めておりまして。その間、そのお客様のことを何度も思い浮かべながら
制作しております。なるべくご意向に沿えるように・・・なので、こうして喜んで頂けると本当に。
有り難く嬉しく・・・そしてホッとしております。
できれば末永くお使い頂けることを、心から願っております。
by senshoku-iwasaki | 2016-05-11 22:49 | 着尺・帯
<< 神楽坂・五十鈴の『すずもなか』。 さいたま大宮・大成屋菓子舗の『... >>