<< いよいよ明後日からとなりました... こんな半巾帯も出来ました。 >>
先ほど・・・織り上がったばかりの銀河シルクの山形斜文八寸帯地は。
f0177373_20293379.jpg

久しぶりにアイボリーベースです。
先日の増孝商店で、Kさまの初期のころの白い山形斜文を改めて見て。
自分たちで作ったものなのに、あぁ・・・。やっぱりイイなぁ。なんて(笑)。
自画自賛もいいところですが、どうってコトのなさがサイコーだと思っているのです。
まずは宮坂製糸さんの、銀河シルクの艶やかさが活きていて。
特別じゃない、トラディショナルな織りの技法で。
規則さのなかの不規則さ、織物力を無彩色で感じ取れるような・・・。
そして何より。
どんなにクセの有る、またはクセの無い、どちらのキモノにも違和感なく寄り添える。
織物が、いちばんそのまんまのカタチで纏える八寸帯。
いよいよ今週、5月26日(木)27日(金)28日(土)の『日本の夏じたく』展に。
この乳灰色と、アイスミントの二色が加わりました。

昨日は、娘の通う小学校で三世代交流の行事がありまして。
6年生は、機織り体験とのことで。2年前に息子もやった・・・学校教材用に作られた
フレーム織りの小さいもので・・・。超使いにくいっ!(涙)。
「岩崎さんは専門家ですので、お母さん、今日はよろしくお願いいたします。」担任の先生。
息子のときにはクニヒサも助っ人だったのだけど・・・。
おとーさんは、(ホントはアタシもっ!)仕事が終わらない(トホホ・・・)。
2時間くらいでカンタンに、素敵なコースターなんて出来ないのが織物なんだってば!(泣)
子供より、お母さんやおばあちゃんがやる気満々で。
絵のような柄が織りたいとか、日の丸にしたいとか・・・・。
自分の娘などそっちのけで、汗だくで伝えるも・・・ちっともうまくいかなくて・・・。
どっと疲れきっただけの(涙)・・・専門家。
あの教材は・・・。
わかりにくい取説に、何より。縦糸、横糸の表記にうーん・・・。
織物は、経糸と緯糸。と教えてあげてほしいんだけどなぁ・・・。
こんな、めんどくさくて大したもん出来やしなった、『つまんない』織物体験も。
息子や娘の同級生たちの・・・
人生の何かの経緯に繋がってくれていたら、糸たちも救われるんだけどなぁ・・・。
by senshoku-iwasaki | 2016-05-22 22:31 | 着尺・帯
<< いよいよ明後日からとなりました... こんな半巾帯も出来ました。 >>