<< 染織こうげい・神戸店さんでの展... 文字よりも言葉よりもココロに響... >>
『御柱』な新シリーズを前に・・・。
前回宮坂製糸さんを訪れた際に、とても気になる糸がありまして。
それは玉繭から横挽きで座繰りにとった、玉糸。それもズル節と呼ばれる長い節がかなり有り。
何年か前のストックで、当時いらしたスタッフのある方が挽くと・・・なぜか特に節が出たのだと。
素材的に高価であることと、今現在の技法ではこうした節にならないということで。
宮坂さんでは敬意も込めて『御柱糸』と呼び、丁寧に保存されていまして。
どうしても。
その糸を使って、新シリーズを作りたく・・・。
おぉぉ。そうだった。これまでに何度か宮坂さんを訪れていたものの。
ご近所にはあの、諏訪大社が。なのに、ホンモノの御柱もiwasaki夫婦は見たことが無かった・・・。
これは新シリーズに取り掛かる前に、神様にご報告をしなければ!と。
f0177373_20101858.jpg

諏訪大社の創建は古く、古事記の国譲りの神話にまでさかのぼる・・・日本最古の神社のひとつ。
本殿は持たず、この上社は神体山(守屋山)、下社は御神木(春宮は杉・秋宮はイチイ)をご神体
とする古い形態を残しているそうで。この上社前宮の御柱は、こういった場所に4か所。
どの社の周りにも、こうして川が流れていて。神聖な空気です。
たしかに水と風を司り、信濃国を開拓された神様・・・パワーを感じますっ!!
f0177373_20105489.jpg

こちらは下社秋宮。大きな注連縄の神楽殿です。
今回上社前宮、上社本宮、下社秋宮、下社春宮と4社全てに参拝できまして。
これからのチャレンジを、どうか見守ってください・・・とお願いを。
f0177373_20112168.jpg

そして・・・。こちらが宮坂製糸さんのお蔵。
この中の特別な糸を、iwasaki、これまでに作ってこなかった・・・かなり太糸に撚糸してもらって。
素朴で贅沢な、『特別な』太織りを作りたく。。。
糸が高価であるし、果たして良いモノになるのかどうか・・・とか、売れなければ作るコトが出来なく
なるし・・・とか。ずっと作りたいと思っていたのだけれど、ずっと踏み出せなかった、かなり勇気を
振り絞ってのチャレンジです。
森さんとのコラボもそうですが、iwasaki結成25年を迎える2017年に向けて・・・。
iwasakiのこれから・・・の礎(柱!?)になるような新シリーズにしたいと思っております!!
by senshoku-iwasaki | 2016-09-28 22:37 | 骨子・背景
<< 染織こうげい・神戸店さんでの展... 文字よりも言葉よりもココロに響... >>