<< 神田駿河台下・さゝまの『松葉最... 染織こうげい・浜松店さんで・・... >>
染織こうげい・浜松店さんで・・・。嬉しすぎる再会・後編
染織こうげい・浜松店さんでの展覧会でiwasakiの織物たちに再会いたしました。
どれもこれも。
間違いなくイワサキ夫婦が制作した織物ですが。
どれもこれも。
すっかりステキなユーザーさんの一部と昇華して。
あぁっ!と思いつつも、なんだか織物たちがすっかりおすまし顔で・・・。みんな幸せそうで。
制作者といたしましては、これほどの歓びはありません。
f0177373_20292412.jpg
こちらは大島の絣糸をタテヨコに散らした『視覚詩』シリーズの着尺に、緯吉野の『入り江の波九寸帯地』の
iwasaki尽くしで!!この九寸は、我慢をして(!?)色を極力抑えてストイックに制作したもので。
この『視覚詩』もモノトーン。シックでカッコイイお客様の着こなしに・・・うっとりでした。
f0177373_20222605.jpg
銀河絹の山形斜文八寸帯地『葡萄棚』をご覧になって、半巾帯がほしいとご注文くださって。
ご希望は、4寸5分の巾ということで。スラリと美しくお召しくださって・・・。
f0177373_20225847.jpg
吉野格子九寸帯地『CANDY LEI』を、爽やかにお召し下さって。
f0177373_20231842.jpg
緯吉野半巾帯を、こんなふうにさり気なくくしゅくしゅっと・・。私(エツコ)もマネしたいと思いますっ!
f0177373_20233254.jpg
初めてこうげい・浜松店さんで展覧会をさせていただいたときに出品した、『銀河絹の山形斜文八寸帯地』
ヨコ糸はタッサーナーシと呼ばれる、タッサー種の蚕が一番最初に放つ繊維を糸にしたものです。
野趣があって気に入っていたのですが、現在ちょうどよい太さのこの糸が手に入らず作れていないのですが。
ボリュームがあるのに、スッキリとかっこよくお召しで!
f0177373_20234598.jpg
『sunriseショール』を、ふわりと纏って「よく使わせていただいています。」と・・・。
とってもお似合いで、だいぶ身体に馴染んで、しっとりとした風合いに。
f0177373_20240830.jpg
緯吉野八寸帯地『アルバカーキの気球』を春らしく、若々しくお召しで。
お召しのお着物にも色々な色が、さり気なく入った織物らしい格子の織物がとてもお似合いでした。

私たちがお邪魔した3日間でもお目に掛かれたこうげいさんのお客様は、20代から80代ぐらいまでと
幅広い年代のお客様に愛されているのを、肌で感じまして。皆さまとても楽しんでいらして。
笑い声の絶えない店内です。
iwasakiの織物も、さまざまな年代の方々にお使いいただいていて。。。
あらためて。
身の引き締まる思いでいっぱいです。
もっと腕を上げたいっ!と心から欲張りな願望もいっぱいです。
今から、どれだけ成長出来るかは・・・わかりませんが。
先輩の織物の大御所(!?)の先生の作品を、大好きで沢山着て、よーく知っている方々に・・・。
「織物の世界では、80代でも現役でご活躍の先生が多くいらっしゃいます。もちろん今もなお進化して
素晴らしいのですけど、50代のお仕事は皆さま格別なの!岩崎さんもこれからがもっと楽しみです。」
と言っていただいて。
今年48歳のiwasaki夫婦。
とにかく精進いたしますっ!あと30年頑張れるように・・・。

染織こうげい・浜松店の皆さま、お客様、本当にありがとうございました。











by senshoku-iwasaki | 2017-04-29 23:39 | 着尺・帯
<< 神田駿河台下・さゝまの『松葉最... 染織こうげい・浜松店さんで・・... >>