<< 今年も、横浜・三渓園で『日本の... 神田駿河台下・さゝまの『松葉最... >>
RさまとTさまの銀河絹の山形斜文八寸帯地。
4色から5色の段が入ったタイプの、銀河絹の山形斜文八寸帯地。
今までにも何回か作ってきましたが、最近制作しましたのはお客様のリクエストのカラーです。
f0177373_21193819.jpg
昨年展示会をさせて頂いた、染織こうげい・神戸店さんで・・・。
杉綾織りの着尺と、こちらの八寸帯地をご注文くださったRさま。
ターコイズカラーで制作した『青い街』をご覧になって、ターコイズブルーではないタイプをご希望で。
写真ではこげ茶のようにも見えますが・・・グレーと紺とピスタチオグリーンにアイボリー。
ピスタチオが効き色になりそうです。
Rさまのイメージに近いものだといいのですが・・・。
f0177373_21201930.jpg
こちらは、増孝商店でTさまに昨年からご依頼いただいていたもので。
Tさまはターコイズブルーがご希望。
濃いターコイズ、淡いターコイズ、グレーのサイズが変化します。そこにアイボリーと金茶が入ります。
Tさま、この金茶がとても気に入りました!とのことで・・・。
あ~。ヨカッタ~。
やっぱり「思ったとおり」や、「思った以上によかった」なんて言って頂くと、
心の底から嬉しくなっちゃうのです。。。織物で生きている歓びを感じるのです。

ただ、生きているとアクシデントはつきもので・・・(涙)。
実は今、iwasaki史上最大のピンチ(!?)のさなか(まさに最中・笑)。
これを最大のチャンス!に変えるべく・・・クニヒサと私、寸分の余地無く仕事をしております(汗)。
為せば成る為さねば成らぬ何事もぉ~と、鼻を膨らませて、朝から夜まで。
結成25年のチームiwasaki、史上最強のタックルで。
この峠を超えられたら、一皮剥けるかもかも!?と期待して。





by senshoku-iwasaki | 2017-05-04 23:21 | 着尺・帯
<< 今年も、横浜・三渓園で『日本の... 神田駿河台下・さゝまの『松葉最... >>