<< 『阿波藍にアイボリー』の半巾帯。 阿波藍とアイボリーの生紬。 >>
一年越しにOさま仕様の『スウェーデニッシュレース織りの八寸帯地・クリームソーダ格子』。
昨年の『日本の夏じたく』でiwasakiのこの、スウェーデニッシュレース織りの八寸帯地をご覧になって。
「あのぅ、こちらの帯の巾なんですが・・・。」Oさま。

iwasakiでは八寸帯は、だいたい8寸2分くらいで制作しておりまして。(半巾帯も4寸2分くらい)
といいますのも。
昨今は、背の高い方が多く・・・。
30年ほど昔に勉強した頃とは、明らかに日本人の平均体型は変わっていますので。
なるべく平均に準じるようにしているのですが・・・。

初めてお目に掛かったOさまは、小柄で華奢な体型です。。。
「お好みの巾にお作りいたしますが・・・。」クニヒサ。

昨年、増孝商店で一度打ち合わせさせていただいて。
26日からの『日本の夏じたく』でお引渡し予定です。
f0177373_20183257.jpg
7寸7分~8分での仕上がりをご希望ということで。
クニヒサはこのレースのように見えるブロックの大きさを少し変えまして制作を。
写真は機にかかっているときのもの。
織り上がりまして、今日は検品をしてOさまにお渡しするばかりにスタンバイ。
きっとOさまにピッタリお似合いになると思います!

少量生産のiwasakiですので、織り巾はお好みに応じて出したり減らしたりできますから。
お急ぎでなければ喜んで(笑)!
お申し付けいただければ、ユーザーさま仕様でお作りいたします。

夏向けのこの『スウェーデニッシュレースの八寸帯地・クリームソーダ』は、格子と縞と。
今年も『日本の夏じたく』に並びます。今回は鶴翔閣広間で。クニヒサがお待ちしております。
ぜひ週末は、三渓園にお出かけくださいませ。



by senshoku-iwasaki | 2017-05-24 21:31 | 着尺・帯
<< 『阿波藍にアイボリー』の半巾帯。 阿波藍とアイボリーの生紬。 >>