<< 御柱糸祭り。 『阿波藍にアイボリー』の半巾帯。 >>
今年の『日本の夏じたく』、お陰様で終了いたしました。
今年も大勢のご来場をいただきまして、充実した3日間(2日半!?)を過ごすことができました。
お出かけ下さったみなさま、本当にありがとうございました。
今回もクニヒサ一人での出展となりまして、写真に収めきれない事もあり・・・。
一部なのですがご紹介させてください・・・。
f0177373_20152159.jpg
今回は広間で。外光の入る明るい場所です。。。

f0177373_20150593.jpg
最新作の『阿波藍とアイボリー』生紬着尺。
f0177373_20130535.jpg
初日、残念ながらお天気が良くなかったにも拘らず・・
結城のお着物に、iwasakiの銀河絹の山形斜文八寸帯を合わせてくださったIさま。
f0177373_20133674.jpg
昨年の『日本の夏じたく展』でお求めくださった、緯吉野の半巾帯を締めて・・・Kさま。
帯留めは、やはり夏じたく展に出展されている松原智仁さんの銀線細工で。
半巾は海のイメージだったので、松原さんの帯留めもお魚!あ、ありがとうございますっ!
f0177373_20140392.jpg
Sさまは、浜松の染織こうげいさんでお選び下さった半巾帯を。
タテ糸は絹、ヨコ糸は麻のタイプです。Sさま、iwasakiの中でもかなりマニアックな(!?)
タイプをご愛用くださっている・・・ユーザーさんのおひとり。
f0177373_20141762.jpg
マニアック繋がり(!?)Sさまとご一緒に浜松からいらして下さったTさまも・・・。
緯吉野の半巾を締めてきてくださいました!!
Tさまは染織こうげいさんで、新しい取り組みをしたレア(!?)なシリーズもご愛用して
くださって・・・。SさまTさま、ありがとうございますっ!
f0177373_20143198.jpg
摸紗織りの生紬『小さな窓』をお召しくださったKさま。帯は日本刺繡の飯島桃子さんのものを。
この生紬は、2年前に夏じたく展に向け制作したもので・・・その時にお選びいただいたもの。
こちらの着尺、お召し頂くうちに少しずつ縞が浮き立ってくるとイイなぁ・・・と企んだ縞です。
こうしてお写真を見ていると、縞が感じまして・・・。嬉しく眺めている私(エツコ)。

みなさま、本当にありがとうございました。
今年でちょうど10年目だったiwasakiでしたが、また気持ちを新たに。
来年も出展を目標に、頑張ろうと思っております。
これからも。どうぞよろしくお願い致します。

留守番中も。昼も夜も・・・織り続けていた私でして。
なかなか明けない夜を彷徨っている気分でしたが、ようやく待望の夜明けが!!
今度は、このひと月のハプニング分の皺寄せが・・・。5月も終わり・・・ということは!
あと1ヶ月で上半期が終わってしまうのかぁ~!(涙)。
まだまだ?またまた?暗闇が始まりそうな・・・予感(笑)。

by senshoku-iwasaki | 2017-05-30 23:01 | 展示会・お知らせ
<< 御柱糸祭り。 『阿波藍にアイボリー』の半巾帯。 >>