<< Tさまの吉野格子九寸帯地。 今年の『日本の夏じたく』、お陰... >>
御柱糸祭り。
只今iwasaki工房では・・・。
クニヒサは、Tさまにご注文いただいている吉野格子の九寸帯地を。
私(エツコ)は、Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯地を織りながら・・・。
次に掛かるのは、いよいよ『御柱』です。
とにかく節、節、節。節がスゴイです!
f0177373_20053797.jpg
昨年宮坂製糸所さんに伺った際に、デットストックされていた玉糸。
それも『御柱』と名付けられ、大切に保管されていて。見せて頂いた瞬間に、これは!・・・と。
今まで作ってきた着尺の規格とは違う、糸感たっぷりの、質素で贅沢な最高の普段着を作りたい。

糸感、一本の糸味を魅せるために。
iwasakiの着尺の平均的なタテ糸の太さの約4倍近くの太さに撚糸してもらって。
一反にこんなに使うのかぁ~!!と、ビンボー症のイワサキ夫婦はドッキドキ(笑)。
なんといっても。素材費が倍です(涙)。ずっと作りたかった。でも作れなかったのは高価だから。

阿波藍の森くみ子さんとのコラボ企画もですが。
理由があってお値段が高い、ということを説明できることが25年やってきてようやく・・出来そうな
のと。この機会を逃したら、もう二度と作れないんじゃないかと直感したから。
でもiwasakiで作る限り。
やっぱり『使える価格』を意識して。

糸が太くても。
この節ですから、サクサク仕事が進むわけではありませんで。
整経中も、経巻き中も、綜絖、筬通し中も。絡む絡む・・・。
当然のことながら、これから始まる織りの作業もきっと。
でも今日、織りつけが済んで。
あぁ、やっぱり。
どこまでも愛おしい、たぶん私が織物の中で最も好きな・・・ど真ん中の太織りとなりそうです。

iwasakiの御柱祭が始まります。



by senshoku-iwasaki | 2017-06-04 22:44 | 着尺・帯
<< Tさまの吉野格子九寸帯地。 今年の『日本の夏じたく』、お陰... >>