<< Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯地は、 御柱糸祭り。 >>
Tさまの吉野格子九寸帯地。
昨年の増孝商店で、iwasakiでは珍しく(!?)ピンクの縞の入った吉野格子九寸帯地
CANDY LEI』をご覧になったTさまは、美しいボルドーカラーのバッグをお持ちで。
「こんな赤紫と、もうひとつ。好きなブルーがありまして。その二色を入れて頂くことはできますか?」
ということで。
クニヒサが織り上げましたのは、こちらの帯地。
私にはすでに・・・Tさまのお召し姿が目に浮かびます。
f0177373_20285094.jpg
吉野格子はこの高密度になる縞と、段の幅とその色で・・・印象がかなり変わります。
カラフルなタイプ、シックなタイプ、ストイックなタイプ・・・。
今までに色々なタイプを制作してきました。
息子の5歳の祝い着に、クニヒサが織ってから・・・早いものでちょうど10年が経ちました。

当時は娘も3歳で、今ほど制作に打ち込める時間も無く・・・保育園に預けている貴重な昼の時間に、
自家用の吉野格子を織るなんて!今から思えばチャレンジャーでした・・・(笑)。
その間仕事は止まるわ、仕立てに、着付け、お参り、写真撮影・・・と当然かかりまして。
親のほうの格好は、そりゃヒドイもので・・・(笑)。
でもそのお陰で。
iwasakiのアイティムのひとつに吉野間道が追加となり、今日に至っております。
あの時に、榊神社の神様が気の毒に思ってくれたのかも!?

榊神社脇の『増孝商店』、梅雨場所と題しまして6月18日(日)~20日(火)の3日間オープンします。
Tさまのこの帯地と姉妹の、同じタテだけどヨコ糸の色柄違いの帯地も1点だけ制作しました。
森くみ子さんに染めて頂いた、阿波藍染めの絹糸を使った新シリーズ『阿波藍とアイボリー』の
第一弾とともに、iwasakiの最新作をご覧頂きたく・・・まだまだ制作中です!




by senshoku-iwasaki | 2017-06-07 22:26 | 着尺・帯
<< Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯地は、 御柱糸祭り。 >>