<< 織り上がったばかりの『御柱太織り』。 Tさまの吉野格子九寸帯地。 >>
Mさまの銀河絹の山形斜文八寸帯地は、
Mさまのご希望で、『ガリガリ君ソーダ』色です。
昨年の『日本の夏じたく』展でご注文いただきまして。
今年の夏じたく展で、何色かサンプルをご覧頂き、「あんまりキレイ過ぎるのも照れるかな・・・」と。
すこーしヨコ糸は、グレーっぽくなりました。
f0177373_20170068.jpg
そういえば。
タテにシルバーグレーやアイボリーで、ヨコに水色。といった組み合わせは今までに制作しましたが。
写真より、このタテ色はガリガリ君ソーダにかなり近い明るい水色でして。
何度も制作している山形斜文八寸帯地ですが、初めてのカラーで新鮮でした。
今回Mさまのこの帯地のほかに、ヨコに濃いグリーンを入れた秋に向けた新色も制作しました。

今年は。
なんだかんだと慌ただしいiwasakiで。
仕事以外にもやらなきゃならないコトがいっぱいあるハズなのですが。。。
本業の仕事のほうがナカナカ進みませんで(涙)。
いろんなコトを後回しにしていたら、あわわ・・上半期が終わりそう。。。
中3息子の学校関係とか、一応保護者として参加せねばならない系(!?)のイベントも多々で(汗)。
私(エツコ)の苦手なアウトドアだったりすると・・・。暑いわ、眩しいわで、すぐさまぐったり(笑)。
日ごろの引きこもりが、こんなにもダメダメになっていたのか!と自身を罵りたくなりながら・・・。
あぁぁ。滞った分は、夜業で進めるしかないか・・・と。
この夏は、益々・・・ヒネモグラ化してしまいそう(笑)。

by senshoku-iwasaki | 2017-06-12 22:21 | 着尺・帯
<< 織り上がったばかりの『御柱太織り』。 Tさまの吉野格子九寸帯地。 >>