<< 増孝商店 梅雨場所‘17 は2... 織り上がったばかりの『御柱太織り』。 >>
最新作の八寸帯地の、『アカギブシノコブシ』も『阿波藍とアイボリー』です。
森くみ子さんに染めて頂いた阿波藍の絹糸を散らして。
赤城の節糸に、宮坂製糸所さんの生糸、玉糸、銀河シルク・・・。濃い茶は、野生の蚕のタッサーナーシ。
f0177373_20525794.jpg
赤城の節糸の節と、緯吉野の凹凸感に、銀河シルクの白。ベースはヤマモモで染めた白茶。
阿波藍の、花浅葱と紺と褐色(かちいろ)が、さざ波のようです。
5月に、同じ感じでまず・・・半巾帯を制作しましたが、今回はその八寸バージョン。

同じ絹糸でも・・・。
質感の違うさまざまな絹が、それぞれに地味に(!?)存在感を出しているように感じるのは・・・
iwasaki夫婦だけではないとイイなぁ・・・と希いながら。

『阿波藍とアイボリー』シリーズ、実はiwasakiお馴染みの「楊柳のストール」にもなって!
・・・といっても、今日のお昼過ぎまでギリギリ織って・・・今回は3本のみの限定ですが。
増孝商店・梅雨場所で、皆さまにご覧頂けましたら・・・嬉しいです。



by senshoku-iwasaki | 2017-06-16 22:26 | 着尺・帯
<< 増孝商店 梅雨場所‘17 は2... 織り上がったばかりの『御柱太織り』。 >>