<< 両耳つきの、織り半襟『小弁慶』。 東京吉祥寺・小ざさの最中と、文... >>
秋冬に向けて、綾織りの八寸帯地『色硝子』も2017バージョンです。
あぁぁ。6月もとうとう最終日の今日。
なんてスピードで月日が進んでしまうのかしら~!と、泣きそうになりながら。。。
ジメジメの(笑)iwasaki工房ではやっと・・・。秋冬カラーの織物に切り替わってきております。
f0177373_20351403.jpg
クニヒサが織っているのは、この綾織りの八寸帯地『色硝子』。
ピスタチオとオレンジが、ちょっと懐かしいキモチになる・・・とイイなぁ、とか思いながら。
秋には。
春の浜松店に引き続き・・・お世話になっている「染織こうげい・神戸店」さんでの展覧会もありまして。
iwasaki、シフトをしっかり秋冬に切り替えて。
私(エツコ)もこれからご注文をいただいている、杉綾織りの着尺に次々と取り掛かる予定でして。
この6月は、ブルーベリーをたくさん食べて(笑)万端の準備をしながら・・・。
その前にチョット気分転換の、織り半襟に取り掛かり。

秋冬一色。
と今朝まで思っていた私たちでしたが。
午後に打ち合わせさせて頂いたIさま。昨年からお話しは伺っていたものの、今日決定稿となったので。
お納めは来年と思った、真夏けの八寸帯地・・・。
「えぇっ~!今年の夏じゃなきゃ!!」のIさまに、・・・う~ん。・・・わ、わかりました。(汗)
「藤布や、科布のような原糸布を彷彿させる質感で、絹との交織でiwasakiさんらしい感じでしたら、
どうにでも。お任せします。ただ、この夏締めたいの。」とのことで(汗・汗・汗)。
そうなると。
糸染めも糊付けも困る、雨の季節だけれど。今回ばかりは梅雨明けは、少し先延ばしになることを・・・
願ってしまうiwasaki夫婦だったりして。





by senshoku-iwasaki | 2017-06-30 22:58 | 着尺・帯
<< 両耳つきの、織り半襟『小弁慶』。 東京吉祥寺・小ざさの最中と、文... >>